ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み過ぎを注意してくれる“氷”をMITの学生が開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事帰りや休日のお酒は、私たちを気分よ~くしてくれるもの。

夏はイベントが目白押しで、お酒を飲む機会も増えてくるが、今年は飲み過ぎ、2日酔いで苦しみたくない!なんて思っている人にぴったりなのが、このアイスキューブ。

・MITの学生が開発!?

このアイスキューブは、もちろんただの氷ではなく、“飲み過ぎ”を注意してくれる賢い小型ガジェット。

開発したのは、名門MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボで学ぶDhairya Dandさん。

Dandさんは、飲み過ぎで倒れ、病院で目を覚ますという苦い経験を機に、このガジェット制作を思いついたそう。

・色で注意を喚起

試行錯誤の末できたこのアイスキューブは、グラスに入れておくと、お酒の量と飲むペースを感知。

キューブは色が変化する仕組みで、緑、黄色を経て赤に変わったら、危険サインだ。

・音楽に合わせて点滅!

これだけでも十分スマートだが、このキューブがさらにスゴイのは、助けが必要と判断されたときは、自動的に友だちへメッセージが送られるという点。

また、音に合わせて光が点滅するので、パーティーで使えばムードを一層盛り上げてくれそう。

学生らしいアイデアで作られたこのアイスキューブ。お酒で失敗を繰り返してきた人の、新お助けアイテムとなるかも!?

Vimeo
https://vimeo.com/56772409

Dhairya Dand
http://dhairyadand.com/sec/

The post 飲み過ぎを注意してくれる“氷”をMITの学生が開発 appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。