ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy Tab Sの画面で細いペン先のスタイラスペンが使えるのかどうかを確認

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Super AMOLEDディスプレイを搭載した「Galaxy Tab S」の画面で細いペン先のスタイラスペンが使えるのかを確認してみました。Galaxy Tab Sは2,560×1,600ピクセルという高い解像度のSuper AMOLEDディスプレイを搭載しています。Super AMOLEDはその表示方法やパネルの厚みによってLCDよりもタッチレスポンスが良いとされています。そのことを思い出したのでもしかしたらペン先の細いスタイラスペンでもまともに反応するのではないかと思い確認してみました。タブレットはGalaxy Tab S 8.4(SM-T700)、スタイラスペンはTegra Note 7に付属していたものです(単体で市販もされています)。Tegra Note 7のスタイラスペンは両サイドに太さの異るゴム先が付いており、今回は細い方で試してみました。ペン先の幅は1~2mmくらいです。結果は動画の通りです。ホーム画面の操作は指と同レベルの追従性でタッチできました。キャンバスはSamsung純正のノートアプリ「S Note」を使用したのですが、Galaxy Noteシリーズまでとはいかないものの、予想以上に追従性が良くて正直びっくり。メモやスケッチの作成や画像などへの書き込みなどはそこそこ満足に行えると思います(要求性能は人によっては異るでしょうけど)。


(juggly.cn)記事関連リンク
PayPal、Android Wearでのチェックイン支払いに対応、Galaxy Tab Sシリーズでは指紋認証によるオンライン決済やログイン認証が可能に
ワイヤ・アンド・ワイヤレス、富士山山頂で公衆無線LANサービス「Wi2 300」を提供開始
Google、Chromecastの発売1周年を記念して音楽聴き放題サービス「All Access」の3ヶ月無料クーポンを購入者全員にプレゼント

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP