ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTE、Google Nowランチャーを標準ホームアプリに採用した「ZTE Blade Vec 4G」を発表、「ZTE Grand SII LTE」や「Grand Band」も披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTEが24日に香港でプレスイベントを開始し、Google Nowランチャーを標準ホームアプリに採用した新型スマートフォン「ZTE Blade Vec 4G」を発表しました。ZTE Blade Vec 4G(フランスでは「SoshPhone 4G」)は、ZTEの低価格スマートフォンシリーズ“Blade”の最新機種で、これまでNexusやGoogle Play Edition専用だったGoogle製ホームアプリ「Google Nowランチャー」を標準ホームアプリにしたところが特徴です(「Mifavor UIも選択可能」)。この機種でも“OK,Google”コマンドやスワイプ操作で開くGoogle Nowパネルを利用できます。ZTE Blade Vec 4Gの主要スペックは、5インチ1,280×720ピクセルのCGシリコン液晶、Snapdragon 400 MSM8926クアッドコアプロセッサ(クロック数は未公開)、1GB RAM / 8GB ROM、背面に800万画素カメラ、前面に100万画素カメラ、2,300mAhバッテリーを搭載。LTEにも対応しています。筐体サイズは70.4 x 142.3 x 7.8 mm、質量は132g。けっこうスリムな機種ですね。価格は1,499香港ドル(約19,600円)なので、Moto G(1,999香港ドル)のライバル的な機種になります。ZTEは同イベントでCES 2014で発表された今年のフラッグシップモデル「ZTE Grand SII LTE」も発表しました。価格は2,499香港ドル(約32,700円)です。さらに、リストバンド型活動量計「Grand Band」も披露したそうです。Source : ZTE


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、Xperiaなどのファームウェアアップデートツール「Update Service」のサポートを終了、配信も停止
SNKプレイモア、Android版「THE KING OF FIGHTERS ’98」をリリース
Android版「Firefox 32 Beta」がリリース、設定言語の切り替え、履歴の全消去、URLオートコンプリートに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP