体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フォーでほっこり気分!エースコックの新シリーズは日本人好みのだしが決め手

エースコックの新たなフォーブランド「Pho・ccori(ふぉっこり)気分」から、「あっさり鶏だしフォー」と「ピリ辛牛だしフォー」の2品が新発売となる。それぞれ、カップスープ(8月4日発売)と袋めん(9月8日発売)の2タイプを展開。

ベトナムで即席麺事業シェアNo.1を誇っているエースコックベトナム。米で作っためん“フォー”の本場・ベトナムで様々なフォーを研究し、その中から日本人が美味しいと感じる味わいを、米めん作りの技術・ノウハウをもって再現した。

「Pho・ccori気分」は、するするっとした食感の米めんと、素材をじっくり煮込んだようなしっかりとした「だし」の美味しさが楽しめる。

「あっさり鶏だしフォー」は、鶏肉・鶏ガラのだしをしっかりと効かせつつ、香味野菜や香辛料ですっきりした味に。「ピリ辛牛だしフォー」は、牛脂の甘みと唐辛子のピリ辛さがクセになる味わいだ。

カップスープはオフィスでのランチや残業のお供に、袋めんは休日のくつろぎタイムにもってこいだ。ナチュラルなフォーならではの“ほっこりとした気分”を、ぜひ味わいたい。エースコックのホームページはこちら(http://www.acecook.co.jp/)から。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。