ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京の島にキュン!伊豆諸島・小笠原諸島の食材が楽しめる「とうきょう恋めし」を開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


伊豆諸島や小笠原諸島は、東京都に属する島。豊かな自然にあふれる島々ならではの特産品や地域の食を身近に感じられる企画が、東京港埠頭の竹芝客船ターミナル内にあるアンテナショップ&カフェレストラン「東京愛らんど」(http://islands-love.com/)にて開催される。

7月28日~8月8日の期間限定イベント「とうきょう恋めし」では、平日の11時~14時のランチタイムに限り、島の食材を使った2種類のランチBOXを1日20食限定で販売する。

1品目は「八丈島金目鯛のフリット 洋風鯛めし」。八丈島産金目鯛のフリットを1切れ、まるごとのせて豪華に仕上げた。小笠原のスパイスミックスを隠し味に使ったホワイトソースと島のりの相性も抜群だ(金目鯛の産地は変更になる場合あり)。

2品目はピリッと辛い「伊豆大島の青唐辛子味噌を使ったチキンドライカレー」。隠し味はグァバジャム!付け合わせには、八丈島の明日葉の削り節、明日葉ピクルス、新島のブルーベリーコンフィチュールが添えられている。

いずれも価格は500円とリーズナブルだが、ボリューム満点の内容だ。

東京の島々を身近に感じながら、夏の島気分を満喫できそうなこのイベント。足を運んで島の味を楽しんでみてはいかが。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP