体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性向けメディアで話題の「ヌクメン」にネット上では冷静な意見も

女性向けメディアで話題の「ヌクメン」にネット上では冷静な意見も

近頃、女性向けのメディアなどにしばしば登場する”ヌクメン”。お父さん世代にとっては「…え、温水洋一みたいな感じ?」といったところかもしれないが、さにあらず。疲れた女性の心を優しく包み込んで癒す”ぬくもり系男子”のことなのだという。

この”ヌクメン”、人気ファッションモデルの千葉雄大クンがその代表例とされ、一部メディア上では早くも「ロールキャベツに続くモテ男子!」と紹介されているようであるが、その実、ネット上では早くも冷ややかなリアクションが。

「これは巧妙な温水ステマ」
「出た出たwwwスイーツ(笑)の妄想乙www」
「もうやめようよ、こういうのw」
「ブームの捏造ですね、わかります」
「阿部高和がまっさきに思い浮かんだ…(*´∀`*)ポッ」
「今、ゲンバ男子っていうのもあるんだろ?」
「ふんどし女子vsヌクメンってアツいな…」
「もうなんでもいいわw」

たしかにここ数年、「○○系男子」「△△ガール」のようなものが乱発されすぎている感は否めず、いずれもその「ブーム」とされる期間が、あまりに短かっただけに、ネット上のユーザーたちが、こうしたリアクションになってしまうのは致し方のないこと。はたしてこのブーム、一体どこまで続くのだろうか…。

文・久保田太陽

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/cx_mezamashi/statuses/491896906151256064 

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy