ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

進学校・那覇高 常識外れの左投げ捕手やサードで県優勝した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高校野球の予選大会には、甲子園大会よりも番狂わせが起きやすいと言われる。たとえば沖縄県大会の2000年決勝、ノーシードの進学校・那覇が創立90年目で初めての甲子園への切符を手にするべく挑んだ相手は、名将・栽弘義監督率いる沖縄水産。

 那覇は3点リードで迎えた9回裏、沖縄水産に追いつかれる。流れは一気に沖縄水産かと思われたが、那覇は延長10回表、2死ランナー1、2塁で3番・長嶺勇也のタイムリーが飛び出し、決勝点を挙げた。

 この長嶺は珍しい「左投げ捕手」。入学時はレフトを守っていたが、志願して捕手に転向した。また、準決勝で故障者が続出したために、決勝はベンチ入りの14人全員が出場する総力戦。サードは途中から左投げの金城佳晃が守った。こちらも通常なら考えられないこと。また、那覇は個性的な打撃フォームの選手も多い。野球の常識に抗ったサウスポーたちと、池村英樹監督の自由な発想で掴んだ優勝だった。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
沖縄にビタミンCが豊富なゴーヤーを使ったノリ巻きが存在
元川崎F・我那覇のドーピング冤罪事件顛末を克明に描いた本
那覇で開催のミスコン世界大会 中国出場見送りも香港は参加

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。