ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲームの中で亡き父と再会した青年の話が「泣ける」と話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大好きなゲームを一緒にプレイすることで重ねてきた、父と子の楽しい時間…海外のYouTubeユーザー、00WARTHEPAPYOOさんも、かつてはそんな時間を過ごした少年の一人。しかし、彼が6歳のときに父親が他界すると、生前一緒にプレイしていたXboxのレーシングゲーム『Rally Sports Challenge』からは、彼も久しく遠ざかっていたという。

【動画】http://youtu.be/r6hb2_aRQr8

しかし先日、およそ10年ぶりに00WARTHEPAPYOOさんが同ゲームをプレイしてみると、そこには、当時のセーブデータが。懐かしく思った彼がそれをロードしてみると、ありし日の父が残した”ゴースト”(最高記録を出したユーザーのプレイ内容をなぞる形で再現されるキャラ)が出現、彼は十数年ぶりに亡き父との”対戦”を実現させることができたという。

父の”ゴースト”と、10年以上の時を隔てて同じコースで競いあう彼。すっかり逞しい青年へと成長した彼は、何度もプレイしていくうちに、父の車を追い抜くことに成功したという。しかしゴール直前、彼は慌てて急ブレーキをかけた。なぜならそのままゴールしてしまうと、父の”ゴースト”が消滅してしまうからだ。

幼い頃に父を亡くした00WARTHEPAPYOOさんにとって、二人で並んでゲームをプレイした日々はかけがえのない想い出。彼は今も、父の”ゴースト”と一緒に、幼き日の心のままで、レースを楽しんでいるという。

文・葛西敦規

【参照リンク】
・Rally Sport Challenge
http://youtu.be/r6hb2_aRQr8 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP