ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nothing’s Carved In Stone 灼熱の渋谷で圧巻のパフォーマンス、話題の新曲も初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月6日にニューアルバム「Strangers In Heaven」をリリースするNothing’s Carved In Stoneが、7月23日東京・SHIBUYA CLUB QUATTROで開催されたイベント「THE WILD ONE ~The First End~」に出演した。

対バンのThe BONEZの熱いライブの後、満を持してNothing’s Carved In Stoneが登場。彼らにとって、久しぶりの都内でのライブとなったこの日の東京の最高気温は33度。熱気で充満したSHIBUYA CLUB QUATTROのステージに4人のメンバーが登場し、最初の曲「Spirit Inspiration」のリフが鳴り響くと、会場の熱量は一気に急上昇。圧倒的な演奏力で「ツバメクリムゾン」、「Spiralbreak」、「November 15th」といったロックチューンを立て続けに聴かせた後、「Sunday Morning Escape」に続いてニューアルバムに収録される新曲「Brotherhood」を初めてライブで披露した。その後、たたみかけるように「Pride」、「Out of Control」、「きらめきの花」といった人気曲をパフォーマンスし、最後に「Isolation」で灼熱のライブステージを締めくくった。彼らにとっては久しぶりとなるライブハウスでの圧巻のパフォーマンスは、改めてNothing’s Carved In Stoneが日本を代表するライブバンドであることを証明する形となった。

Nothing’s Carved In Stoneは、ニューアルバムの発売に先駆けて新曲「Brotherhood」を7月23日に先行配信。この「Brotherhood」は、更なる進化を遂げた”Nothing’sサウンド”が早くも大きな話題となっている。更に、夏のイベントにも多数出演し、8月20日からは最新アルバムを引っ提げた待望の全国ツアーがスタートする。

関連リンク

Nothing’s Carved In Stone Official sitewww.ncis.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP