ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

留守中でも訪問者をスマホで映像確認できるインターホン「i-Bell」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰が玄関のチャイムを鳴らしているのかがわかるモニター付きのインターホンは便利だ。その従来型のインターホンをWi-Fiにつなげ、映像をスマートフォンで確認できるようにしたのが、資金調達サイトKickstarterにこのほど登場した「i-Bell」だ。

これを使うと、ユーザーが世界中どこにいても手元のスマホで来訪者を映像確認でき、必要に応じて双方向で音声会話することができる。厳密に言えば、携帯端末(iOS、Android)だけでなくPCでも利用できる。

どういうふうに活用するかというと、例えば、近所のカフェでコーヒーを飲んでいるときに友人が自宅に訪ねてきたら、現在地を伝え「一緒にお茶しない?」なんて誘うこともできる。また、料理中など手が離せないときに、わざわざ固定のインターホン受信機までチェックしに行く必要はなく、手元の端末で確認できる。

内蔵しているカメラはナイトビジョン対応で、暗くなってからでも訪問者が見えるようになっている。また、万が一、ベルを鳴らしたのが不審人物であれば、撮影をオンにすることも可能なのでセキュリティ面でも役立つ。撮影したデータはクラウドに保存される。

i-Bellのスペックは11×6センチ、厚さ2.2センチ、重さ320グラム。充電式のリチウム電池で作動する。普通に玄関先に取り付け、自宅のWi-Fiネットワークにつなぐだけなので設定も簡単だ。

気なる値段だが、Kickstarterでは現在、152ポンド(約2万6000円)で入手可能(英国外への発送はプラス20ポンド)。キャンペーンは8月7日までとなっている。

i-Bell/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP