ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『パイレーツ・オブ・カリビアン』第5弾は2017年7月7日全米公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジョニー・デップが主演をつとめる『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第5弾、『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales(原題)』が2017年7月7日に全米公開されることが分かった。Hollywood Reporter他複数の海外メディアが現地7月23日に、配給を行うディズニーからの情報として一斉に報じている。

【関連:昭和の特撮現場を再現!円谷プロ完全協力による『特撮ジオラマ』発売】

 本作は当初2015年公開とされていたが、昨年公開の延期を発表していた。今報道によると、ジョニー・デップ、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーが続投。そして、監督に映画『コン・ティキ』(2012)のヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリが決定していると伝えている。
コンティキ号の航海を描いた歴史映画『コン・ティキ』は、セットではなく、実際の海で撮影が行われ、リアリティを追求した映像で二人は世界的に高い評価を得ている。今作では『パイレーツ・オブ・カリビアン』という同じ海を題材にした作品の中で、二人の経験を生かした新たなエッセンスが加えられると期待されている。

※画像は2011年公開の『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』Blu-rayパッケージ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP