ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パート1200万人が対象 月5万8000円以上稼ぐと手取りが減る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在の制度では、厚生年金に加入している夫を持つ主婦(パート含む)は『第三号被保険者』となり、年収が130万円以上にならない限り、自分で年金保険料を納めなくても、老後は年金を受け取ることができる。

 だが、この"優遇"があるために、年収130万円を超えて働くことをセーブする女性も少なくない。そこで国は、年金の"支え手"を少しでも増やすため、パート主婦にも保険料を負担してもらおうと計画している。

「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾さんはこう語る。

「今回の財政検証では、月5万8000円以上の収入があるパート主婦に厚生年金に加入してもらおうという試算が出ています。対象は1200万人におよびます」

 もし、実現した場合、パート主婦が払う保険料はいくらになるのか。ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんが計算してくれた。

「仮に、月8万円をパートで稼いでいた場合、給与から天引きされる年金保険料はおよそ月6850円。年間では約8万2000円の負担になります」

 一方、保険料を払う分だけ、年金額は増える。 「15年間払い続けた場合、年金は年間7万8900円増やすことができます」(井戸さん)

 一見、もらえる年金額(年間7万8900円)より負担額(年間8万2000円を15年)のほうが多そうだが、受給が16年目以降になると、元はとれる計算に。

 だが、夫の扶養を外れることになるので、年金保険料以外に健康保険料も自分で払う必要があり、月8万円の収入ならば手取りは1万円近く減ってしまう。家計のために働きに出ているのに、約2日分の給料が飛ぶのはつらい。かといって、5万円以下に抑えて働けば、貯蓄に回せる部分はなくなる…と、悩ましいが、「老後の備えができる」と前向きにとらえ、働く時間を増やして手取り減収分をカバーするのが得策といえそう。

※女性セブン2014年7月31日・8月7日号

【関連記事】
健康保険料抑えるため 4~6月に残業や副業はしないのが吉
貯金額アンケート 貯金ない11.6%、1500万円以上15.8%
20歳世代 年金保険料は1160万円多くなり463万円の“赤字”

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP