体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベースメイクで実現! 真夏でも1日中さわやかフェイス

140724amke.jpg

人間関係にも大きく影響する、メイクがつくり出す印象。ちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づける印象アップメイク』を紹介します。

夏本番、毎日暑い日が続いています。でも、いくら暑いからといって、メイクくずれしたまま…というわけにはいきませんよね。

今回は、真夏でもさわやかな印象を1日中キープできるベースメイクのポイントをお伝えします。

Tゾーンに化粧水をたっぷりつける

Tゾーンはてかってしまうから…と、化粧水も控えめにしてしまっていませんか? じつはそれが、過剰な皮脂分泌の原因となっています。

朝晩のスキンケアのときに心がけて、Tゾーンには化粧水を何度も重ねづけし、しっかり保水をしておきましょう。それだけで、メイクくずれをかなり予防できますよ。

化粧下地とファンデーションはムラなくつける

メイクくずれの原因のひとつに、「化粧下地やファンデーションのムラづき」ということがあります。

下地やファンデーションが多くついているところと少なくついているところがある場合、多くついているところから皮脂と混ざり合ってメイクがくずれてきます。そうすると、メイクのムラがより一層目立ってしまうのです。

メイクくずれを起こさないためには、できるだけ下地やファンデーションがムラなく均一につくように、朝のメイクから気をつけてみてください。

脂取り紙をつかわない

ベタツキを解消してさっぱりしたいと思い、ついつい脂取り紙をつかってしまいがちですが、そうすると、皮脂をとりすぎてしまい余計に過剰な皮脂分泌を促してしまいます。

汗をかいたら、清潔なタオルかティッシュペーパーでやさしく吸い取るようにふきましょう。暑い夏でも、いつもさわやかな印象をキープできるベースメイク、ぜひ実践してみてくださいね。

makeup image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
30秒でオフィスメイクを華やかにする印象チェンジ法
凛としたデキる女性っぽく見せるには、顔の上向きラインがカギ
「もう一度会いたい」と思わせる、チーク&リップのつかいかた
日焼け肌が美白肌に見えちゃうメイクの秘密
暑くても涼やかに見せるメイクの二大ポイント
「手抜き?」と言われない、ナチュラルメイクの極意
クールな目元を、話しかけやすい雰囲気に見せるメイクポイント

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy