ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Coccoの初主演舞台「ジルゼの事情」が再演決定&自身の手がける劇中歌が配信スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Coccoの鮮烈な舞台デビュー作となった「ジルゼの事情」が、今年9月にサンシャイン劇場・新神戸オリエンタル劇場にて再演されることが決定した。


1月に開催された初演は、今年上半期の演劇界で最大の話題作となり、終了直後から再演を望む声が殺到、約8か月後という異例の早さで再演が実現することとなった。この決定にCoccoは「更に一生懸命がんばります。劇場でお会いしましょう!」と意欲的なコメントを寄せている。

「ジルゼの事情」は、バレリーナを夢見ていたCocooの発案により古典バレエ「ジゼル」を下敷きとし、人気劇団「劇団鹿殺し」の丸尾丸一郎がオリジナル脚本と演出を担当。舞台を現代の渋谷にある寂れた喫茶店に置き換え、悲劇と喜劇が交錯する恋物語となっている。初演時には、Coccoの天性と呼ぶべき演技力、美しいダンスシーン、そして迫力ある生の歌声が観客を圧倒。特に彼女が舞台のために書き下ろした劇中歌「ドロリーナ・ジルゼ」を熱唱する姿は、感動の名シーンとして記憶されることとなった。また再演にあたって、新キャストにテレビドラマ「あまちゃん」で、GMT47のメンバーとして注目を集めた蔵下穂波を迎えるなど、さらにスケールアップした舞台を目指す。

東京公演は2014年9月18日から池袋サンシャイン劇場で、関西公演は9月27日より新神戸オリエンタル劇場にて行われる。チケットは両公演とも8月3日(日)よりイープラスにて最速先行販売され、一般発売は8月17日(日)より、各種プレイガイドにて行なわれる。

さらに、上記劇中歌「ドロリーナ・ジルゼ」の配信リリースも決定。かねてより音源化の要望が殺到していた楽曲で、ついに待望のリリースとなった。配信ジャケットはCoccoの手書きタイトルがデザインされたものになっている。舞台に先駆け、7月30日よりレコチョク、iTunes Store等、主要サイトにて配信がスタートするので、こちらもチェックしてほしい。

【Cocco コメント】
初演から一年もたたない内に再演の機会を頂くこととなりました。スタッフや仲間や、いつも応援してくださるファンの皆様に心より感謝申し上げます。更に一生懸命がんばります。劇場でお会いしましょう!

配信限定シングル「ドロリーナ・ジルゼ」
2014年7月30日(水)より

レコチョク、iTunes storeほか主要サイトにて配信スタート

OFFICE SHIKA × Cocco「ジルゼの事情」
9月18日(木) 東京 サンシャイン劇場

9月19日(金) 東京 サンシャイン劇場

9月20日(土) 東京 サンシャイン劇場

9月21日(日) 東京 サンシャイン劇場

9月22日(月) 東京 サンシャイン劇場

9月23日(火・祝)  東京 サンシャイン劇場

9月27日(土) 兵庫 新神戸オリエンタル劇場

9月28日(日) 兵庫 新神戸オリエンタル劇場

9月29日(月) 兵庫 新神戸オリエンタル劇場

■主演

Cocco

■脚本・演出・出演

丸尾 丸一郎(劇団鹿殺し)

■出演

蔵下穂波 内田滋 オレノグラフィティ 

傳田うに 鷺沼恵美子 廣川三憲(ナイロン100℃)

小野川晶 円山チカ





(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Cocco オフィシャルHP
Cocco、待望の新作リード曲「ありとあらゆる力の限り」のMVを1週間限定でフル公開!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP