ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

知っていると得! 汗をサッと引かせるクールテク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日恋も仕事も忙しい! そんな人にオススメの「女子のための時短術」。かんたんにできる時短テクニックをつかって、自由な時間をGETしましょう。

化粧くずれの原因になる、夏のダラダラ汗は早めにシャットアウト! 暑いときでも体温調節がしやすい、涼しいテクニックを紹介します。

氷を口にふくむ

冷たいドリンクをたくさん飲むのは、余計に汗が出てくる原因。暑いときは、氷を口にふくむのがオススメです。

口のなかには体温調節をするための温度重要器が多いため、氷の冷たさを感知して体も涼しくなります。

氷がない場合は、冷たいドリンクをしばらく口のなかにふくみ、ひとくちずつゆっくり飲むようにすればOK。

首すじ、手首を冷やす

動脈が多く通っている首すじや手首を冷やせば、早く体温が下がるので汗が引きやすくなります。

冷えた缶ジュースを買って直接当てたり、外出時はジェルタイプのハンドクリームをつかえば目立つことなく冷やせますよ。

ブラをきつめに留める

顔から上の汗を抑えるには、ブラジャーをきつめに留めるのがオススメ。体は圧迫する側の汗が減り、反対側で汗をかく性質があるので、上半身の汗を一時的に抑えることができます。

じつは舞妓さんもつかっているこの方法。帯をきつめに留めることで化粧が落ちないようにしているんだとか。

外出先でブラジャーを直すのが難しい場合は、指で両側の鎖骨の下をしばらくグッとつまむといいですよ。かいた汗はサッと抑えて、暑さに負けないクールな顔をキープしましょう。

Blue Hawaiian image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
急な来客でも慌てない、30秒でできるクイック身だしなみ
今日は残業したくない! 定時退社するためにやっておくこと
帰宅後5分でくつろぎ時間をつくる、ストレスフリー術
雨の日に活躍。大量の洗濯物をスムーズに取り込む方法
雨の日でもドライヤーいらず! ササッとかんたんヘアセット
忙しい朝でも納得のいくコーデでキメる、3つのテクニック
悩む時間自体をカット! ストレスなく断捨離ができる判断法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP