ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

7/28付ビルボードジャパンチャートおよび7/14〜7/20RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
7/28付ビルボードジャパンチャートおよび7/14〜7/20RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com(http://www.billboard-japan.com)」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による7月28日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2014年7月14日〜7月20日)および2014年7月14日〜7月20日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

SMAP「Top Of The World」総合首位、ワンオク「Mighty Long Fall」ダウンロード1位

先週エアプレイで1位となったSMAP「Top Of The World」が、発売週となった今週、エアプレイとセールス2指標で1位に立ち、Perfume「Cling Cling」の急追をかわして総合Billboard JAPAN HOT100首位を獲得した。ルックアップとツイートで1位となったPerfumeは、エアプレイ5位、セールス2位となり、他ポイントを伸ばしながらもエアプレイのポイント差を覆すことができずに総合2位となった。

ダウンロードで1位となったのはONE OK ROCK「Mighty Long Fall」。7月30日にリリースされるシングルの2週間先行でiTunesで全世界配信をスタート、約1年4ヵ月ぶりとなる新作に渇望するファンを巻き込み、総合でも初登場6位となっている。この勢いでリリースを迎える本作、2週間後の結果に注目だ。

総合4位となった防弾少年団「BOY IN LUV」は、先月リリースされた「NO MORE DREAM」の総合6位よりも順位を上げた。シングル・セールスで前回の4位から3位に上げ、ツイートでも7位から2位に上げていて、連続リリースによって確実にファン層を拡大しつつあることがよく分かる結果となった。

SCANDAL、ポケモン映画主題歌「夜明けの流星群」で“アナ雪”“ワンピ”抑え3年ぶりのアニメチャート首位

今週は7月19日に公開された映画『ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー』のエンディングテーマ、SCANDAL「夜明けの流星群」がBillboard JAPAN Hot Animationを制した。

人気アニメシリーズ『ポケットモンスター』の夏の劇場版として毎年公開されているが、10月にリリースされたニンテンドー3DS用の新作ゲーム『ポケットモンスター X・Y』と合わせた新シリーズでは第1章となる。今回エンディングテーマを務めSCANDAL「夜明けの流星群」は亀田誠治プロデュースによるもの。また、完全生産のポケモン盤にはピカチュウが描かれたジャケットに加え、ポケモン赤緑世代の名曲「ポケモン言えるかな?」のカヴァーも収録。SCANDALとしては2011年以来3年ぶりのアニメチャート首位獲得となった。

2位にはMovieNEXで100万本のセールスを記録した映画『アナと雪の女王』から松たか子「レット・イット・ゴー~ありのままで~」が先週3位から順位を上げてチャートイン。3位には『ONE PIECE』主題歌AAAの「Wake up!」と強力なラインナップが並ぶ。

注目曲としては5位にチャートインしたプリシラ・アーン「ファイン・オン・ザ・アウトサイド」。こちらは7月19日に公開されたスタジオジブリ作品『思い出のマーニー』主題歌。プリシラ・アーンは、2008年にアメリカの名門レーベル<ブルーノート>からデビュー。彼女はスタジオジブリアニメの大ファンで、2012年には「やさしさに包まれたなら」「カントリー・ロード」「風の谷のナウシカ」などをカヴァーしたアルバムをリリースするほど。公開に合わせて注目度も高まり先週13位から大きく順位を伸ばした。

5SOS旋風が遂に日本到来! 洋楽チャートで2週目の1位に

話題沸騰中のポップ・ロック・バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーによる「ドント・ストップ」が、先週に続きBillboard JAPAN洋楽チャートにて1位に輝いた。

6月末に、母国オーストラリアを始めとする各国で、デビュー・アルバムがリリースされ1位を記録、そして遂に今月7月22日は、全米リリースもされ話題となっている平均年齢18歳の4人組ポップ・ロック・バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー。ここ日本でも7月30日の日本デビューEP『ドント・ストップ』のリリースへ向けて、全国各地のFMラジオ局でタイトル・トラック「ドント・ストップ」が、パワープレイ中となっており、エアプレイ・チャートでは先週4位から2位へと順位を上げ、Billboard JAPAN Hot 100では今週11位を記録。EPのリリースが近づく中、トップ10 圏内へのランクインも目前となっており、日本でも本格的にブレイクすることが予想される。

7月15日に通算5枚目のオリジナル・アルバム『イエス!』をリリースしたジェイソン・ムラーズは、リリース直前にプロモーションの為に緊急来日し、ラジオを含むメディア露出で注目が集まり、アルバムからのシングルの「ラヴ・サムワン」が、先週31位から今週4位へとエアプレイ・ポイントを大幅に伸ばし、先週12位から今週2位へ大ジャンプアップを果たした。先週に引き続き3位には、ファレルの「ハッピー」、5位には来年2月開催の日本ツアーがソールド・アウトになったことが発表されたばかりのワン・ダイレクションの「ハッピリー」がランクインしている。

先週17位から7位にランクアップしたのは、プリシラ・アーンによる現在公開中のジブリ映画『思い出のマーニー』の主題歌「ファイン・オン・ザ・アウトサイド」。劇中で流れるアコースティックで透明感溢れる歌声に「癒される」「心が浄化される」と、日本全国で話題になっており、じわじわとチャートを上昇中で、映画のロングラン・ヒットに伴った今後のチャート・アクションにも期待がかかる。デビュー・アルバムとなった前作『サクソビーツ』がトータル・セールス10万枚を記録したアレクサンドラ・スタンの「ダンス」は、今週唯一のトップ10圏内ニュー・エントリーで9位にランクインしており、8月下旬にはこの曲を収録したニュー・アルバムもリリース予定となっている。

デイヴィッド・ギャレット新譜が首位をキープ&アーノンクールのモーツァルト最新録音が初登場第2位

Billboard JAPAN Top Classical Albumsは、デイヴィッド・ギャレットのニューアルバム『愛と狂気のヴァイオリニスト』が2週連続で首位を独走、第3位に高嶋ちさ子『COLORS ~Best Selection~』が3週連続チャートイン。また、クラシックのプロ達による本気のプログレが話題の、モルゴーア・クァルテット最新盤『原子心母の危機』が4位に、更に7位にも『21世紀の精神正常者たち』がチャートインした。他、テレビ朝日『関ジャニの仕分け∞』で話題のサラ・オレイン『セレステ』が7回目のチャートインで第6位に入るなど、今話題のアーティストが上位を賑わす結果となった。

初登場第2位に躍り出たのは、古楽界の巨匠ニコラウス・アーノンクールがウィーン・コンツェントゥス・ムジクスと共に放つ、モーツァルトの最新録音だ。第39番・第40番・第41番「ジュピター」。アーノンクールはこの3曲を三副対と捉え、3曲を一晩で演奏することもしばしば行っている。史料研究により更に深化した解釈と、オリジナル楽器による精緻なアンサンブルによって、モーツァルト最晩年の個性際立つこの3曲が、まったく新しい響きとなって立ち上がってくる名盤だ。アーノンクールによる同曲の録音は、1991年のヨーロッパ室内管との録音以来ほぼ四半世紀ぶりとなっている。

そして、人気ギタリスト、ミロシュの新譜『アランフエス協奏曲/アルハンブラの想い出』は初登場で5位にチャートイン。ロドリーゴやファリャの名曲を堪能できる本編はもちろん、国内盤のみのボーナストラックとして収録された「アルハンブラの想い出」が話題となっており、2014年のスタジオジブリ最新作『思い出のマーニー』のために新たに録音された。この映画の音楽を作曲した村松崇継氏が、ミロシュのデビュー盤を聴いて感銘を受けたのがきっかけだ。ミロシュは『思い出のマーニー』のサントラ音楽に登場するギター・パート全編に参加しており、2014年12月にはジャパン・ツアーが開催される。

その他、2012年にリリースされたヴァイオリニスト五嶋龍『リサイタル』が昨年以来久々に10位チャートイン。五嶋は7月にリヨン管弦楽団のジャパン・ツアーにてラロの「スペイン交響曲」で共演。満席の観客はその美しく情熱的な響きに酔いしれた。さらにモントリオール交響楽団との共演で、10月にも来日が予定されている。

text:yokano

2014年7月28日付 Billboard Japan Hot 100

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 1 8 Top Of The World SMAP V 20140716 3 2 14 Cling Cling Perfume UJ 20140716 4 3 63 夜明けの流星群 SCANDAL ERJ 20140716 4 4 – BOY IN LUV 防弾少年団 PC 20140716 1 5 3 ラブソングはとまらないよ いきものがかり ERJ 20140709 5 6 – Mighty Long Fall ONE OK ROCK ASI 20140730 1 7 1 夏のFree & Easy 乃木坂46 SMR 20140709 3 8 5 E.G.Anthem-WE ARE VENUS- E-Girls RZN 20140709 4 9 6 君に出会えたから miwa SMR 20140702 4 10 97 最終電車~missing you~ ソナーポケット TJC 20140716 2 11 16 ドント・ストップ ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー UI 20140716 3 12 – The Power ℃-ute UFW 20140716 1 13 – ONE LIFE 氷室京介 WMJ 20140716 1 14 21 レット・イット・ゴー~ありのままで~ 松たか子 AVT 20140503 18 15 4 BLEEZE GLAY PC 20140709 5 16 41 No Way Czecho No Republic C 20140716 3 17 11 R.Y.U.S.E.I. 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE RZN 20140625 7 18 73 ラヴ・サムワン ジェイソン・ムラーズ WMJ 20140716 5 19 23 ハッピー ファレル・ウィリアムス SMJI 20140430 28 20 7 オモイダマ 関ジャニ∞[エイト] IMP 20140702 4

2014年7月28日付 Billboard Japan Hot Animation

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 タイアップ 1 8 夜明けの流星群 SCANDAL ERJ 20140716 3 映画『ポケモン・ザ・ムービーXY 「破壊の繭とディアンシー」』主題歌 2 3 レット・イット・ゴー~ありのままで~ 松たか子 AVT 20140503 18 映画『アナと雪の女王』より 3 2 Wake up! AAA AVT 20140702 3 CX系「ONE PIECE」主題歌 4 1 KiRa-KiRa Sensation! μ’s LA 20140709 2 MXTV他「ラブライブ!」より 5 13 ファイン・オン・ザ・アウトサイド プリシラ・アーン YMC 20140702 3 映画『思い出のマーニー』主題歌 6 – heavenly blue Kalafina SMER 20140806 1 MXTV他「アルドノア・ゼロ」オープニング 7 4 ゲラゲラポーのうた キング・クリームソーダ AVT 20140430 12 TX系「妖怪ウォッチ」オープニング 8 5 RPG SEKAI NO OWARI TF 20130501 58 映画『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』主題歌 9 – TRANSFORM VALSHE BG 20140716 1 (声優) 10 9 Ah Yeah!! スキマスイッチ AOJ 20140723 3 TBS系「ハイキュー!!」オープニング 11 16 Let It Go~ありのままで~ May J. RZN 20140326 19 映画『アナと雪の女王』より 12 12 レット・イット・ゴー イディナ・メンゼル AVT 20140312 18 映画『アナと雪の女王』より 13 11 生まれてはじめて 神田沙也加,松たか子 AVT 20140503 17 映画『アナと雪の女王』より 14 – 来たれ!暁の同志 上坂すみれ K 20140716 1 (声優) 15 – daze じん feat.メイリア from GARNiDELiA SIM 20140618 5 MXTV他「メカクシティアクターズ」オープニング 16 – ひまわりの約束 秦基博 AOJ 20140806 1 映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌 17 18 イマジネーション SPYAIR SMAR 20140430 16 TBS系「ハイキュー!!」オープニング 18 17 Rising Hope LiSA ANP 20140507 11 MXTV他「魔法科高校の劣等生」オープニング 19 – CHU CHU LUV SCANDAL MARGINAL#4 F5A 20140716 1 (声優) 20 – とびら開けて 神田沙也加,津田英佑 AVT 20140503 7 映画『アナと雪の女王』より

2014年7月28日付 Billboard Japan 国内洋楽

順位 先週の順位 曲名 アーティスト名 発売 発売日 チャートイン回数 1 1 ドント・ストップ ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー UI 20140716 3 2 12 ラヴ・サムワン ジェイソン・ムラーズ WMJ 20140716 8 3 3 ハッピー ファレル・ウィリアムス SMJI 20140430 28 4 2 ブレイク・フリー feat.ゼッド アリアナ・グランデ UI 20140827 3 5 5 ハッピリー ワン・ダイレクション SMJI 20131127 3 6 4 プロブレム feat.イギー・アゼリア アリアナ・グランデ UI 20140827 12 7 17 ファイン・オン・ザ・アウトサイド プリシラ・アーン YMC 20140702 2 8 7 マップス マルーン5 UI   5 9 – ダンス アレクサンドラ・スタン V   1 10 8 サマー カルヴィン・ハリス SMJI   7 11 9 シング エド・シーラン WMJ 20140625 1 12 10 ウィー・アー・ワン(オーレ・オーラ) ピットブル feat.ジェニファー・ロペス & クラウディア・レイチ SMJI 20140521 11 13 – ドント・ノウ・ホワット・イット・ミーンズ プスンブーツ UM 20140716 1 14 – スリラー マイケル・ジャクソン SMJI 20131211 1 15 13 レット・イット・ゴー イディナ・メンゼル AVT 20140312 20 16 11 サーフ、ラヴ・アンド・ロックン・ロール デュークス・オブ・サーフ V 20140709 3 17 16 ダフト・パンク・メドレー ペンタトニックス SMJI 20140730 4 18 15 ルード マジック! SMJI   3 19 20 ラヴァーズ・オン・ザ・サン feat.サム・マーティン デヴィッド・ゲッタ WMJ 20140820 2 20 6 ア・スカイ・フル・オブ・スターズ コールドプレイ WMJ 20140521 12

RADIO ON AIR DATA 7/14〜7/20 TOP5

順位 曲名 アーティスト名 1 ドント・ストップ ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー 2 No Way Czecho No Republic 3 Top Of The World SMAP 4 Cling Cling Perfume 5 ラヴ・サムワン ジェイソン・ムラーズ

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard-Japan.com:http://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。