ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、京セラのタフネススマートフォン「TORQUE G01」を7月25日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは7月23日、MIL規格準拠の耐久性を備えた京セラのタフネススマートフォン「TORQUE G01(KYY24)」を7月25日に発売すると発表しました。TORQUE G01は、4.5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶ディスプレイやSnapdragon 400 MSM8928 1.4GHzクアッドコアプロセッサを搭載したミッドレンジクラスのAndroidスマートフォン。特徴は、G’zOneを凌ぐ耐久性を備えるところで、IP68レベルの防水・防塵に対応するほか、国内キャリア初のMIL-STD-810G準拠の耐衝撃、耐振動、耐塵、耐湿、耐圧、塩水耐久性にも対応しています。ケース無しで海中撮影しても大丈夫そうですね。また、手袋をしたままでも、濡れた手でもタッチ操作可能なタッチパネルやディスプレイ全体が振動して通話音声を耳内に伝える「スマートソニックレシーバー」、騒音レベルで100デシベルの大音量を実現したデュアルスピーカーなども搭載しています。バッテリー容量は3,000mAhでワイヤレス充電にも対応しています。TORQUE G01のau Online Shop価格は65,880円です。新規・MNP・機種変更の毎月割は1,440円/月(総額34,560円)なので実質負担金額は31,320円になります。MNPの場合は誰でも割(16,200円割引)が適用可能なので、実質負担金額は15,120円になります(毎月割の金額はauスマートパス加入時のものです)。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
Xiaomi Mi4の実物写真とベンチマークスコア
Liquid Jadejは欧州で8月末に発売、価格はVAT込み€279
インド Lava、Windows Phoneとして発売したスマートフォンのAndroid版「Xolo Q900s」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP