ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

FX会社のスプレッド競争再燃 逆転スプレッドの登場が契機か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、国内のFX(外国為替証拠金取引)業界にちょっとした異変が起きている。FX会社が個人投資家に提示する「スプレッド」の引き下げ競争が再燃しているのだ。再燃のきっかけとなったのが、昨年から登場し始めた、スプレッドの“逆転現象”。この逆転現象はFXの常識を打ち破るもので、1998年に個人向けFXがスタートして以来、初めての出来事だ。

 そもそも、スプレッドとは、FX取引をする通貨の買値(ask)と売値(bid)の「差」のこと。例えば、米ドル/円取引では、1ドルのレート(=価格)は「102円00銭(bid)-102円03銭(ask)」といった形式で表示される。この場合のスプレッドは3銭となり、それがそのままFX取引におけるコストとなる。

 通常、スプレッドはbidよりaskが高くなるが、個人投資家にとっては、スプレッドが狭いほど歓迎される。狭いほうが利益を出しやすくなるからだ。一方、FX会社にしてみれば、スプレッドを狭くすることには限界がある。現在、国内のほぼすべてのFX会社は、取引時の手数料を徴収していない。スプレッドは実質的な手数料にあたり、収益源となっているのである。

 だが、個人投資家がスプレッドの狭いFX会社を選ぶ傾向が強い以上、FX会社は競合他社に負けないスプレッドを提示する必要に迫られる。必然的に、FX会社間でのスプレッド競争が勃発する、というわけだ。
 
 あるFXアナリストによると、日本でFXがスタートした1998年当時のスプレッドの最低水準は10銭だった(米ドル/円の場合。以下同)。2006年頃から引き下げ競争が激化し、2008年には1銭というスプレッドが登場。その後、小数点以下のスプレッドが現れ、スプレッド引き下げ競争はいったん、0.3~0.4銭で落ち着くことになったという。

 そして、昨年後半についにbidがaskを上回る“逆転スプレッド”が登場した。それ以降、業界でのスプレッド引き下げ競争が再燃。有力FX会社が、一斉にスプレッド縮小の動きが出始めたのだ。現時点でマイナスのスプレッドを提供しているのは、セントラル短資FXと日産センチュリー証券の2社である。
 
 とはいえ、“逆転スプレッド”はいかにして実現したのか。実際に逆転スプレッドを提示している、日産センチュリー証券の商品企画部長・宮入義勝氏に聞いた。

「当社の『アクセスFX』は『NDD(ノー・ディーリング・デスク)方式』を採用しています。NDDとは、投資家からの注文を、FX会社にレートを提示するカバー先と呼ばれる金融機関や、インターバンク市場へ直接発注し、執行する方式です。FX会社のディーリングなどが介在しないため、“取引の透明性”と約定力が高くなります」

 特に、日産センチュリー証券の場合は、海外の大手FX会社1社のみをカバー先とするNDDを採用している。その1社のカバー先より配信される複数レートの中で、一番良い(ベストプライス)bitとaskを顧客に提供することで、流動性の確保や逆転スプレッドを実現することが可能になっているという。

「NDD方式は、近年、世界的に採用するFX会社が増えてきました。これは『投資家とFX会社がフェアでありたい』という意識が高まったためだと考えています。すでに国内でも数社が採用しています。

 しかし、中にはNDDを謳いながらも、複数のカバー先と接続し、いったんFX会社側で投資家の注文を受けた後、わずかにタイミングをずらしてカバーする『トリガー』という手法を採っているFX会社も見受けられます。これだと、注文をカバーする際に利益を発生させることが可能となり、ときとして、投資家に対する利益相反を招く可能性があります。本当のNDDとは言い切れないと考えられます」

 FX取引はFX会社と投資家の相対取引が主流なだけに、注文から執行までFX会社がどのような方式を採り、どういった手法で利益を得ているのかについて、投資家サイドも理解をしておくことが大切だという。

 もちろん、スプレッドの逆転は常時起きているわけではない。日産センチュリー証券の『アクセスFX』は、マイナス幅が最大1.6銭にもなるというが、逆転スプレッドが提示されるのは全取引時間中の0.34%。つまり、逆転スプレッドで取引するためには、つねにレートをチェックしておく必要がある。ただし、競合他社を上回る0.1~0.2銭という「ボーナススプレッド」の提示率は2.46%に達しており、NDD方式の強みが発揮されているといえよう。

 スプレッド競争は個人投資家からすると歓迎できる事態だ。しかし、スプレッドばかりに目を奪われていると、知らない部分でコストを支払うことに繋がりかねない。これからのFX会社選びには、FX会社の収益構造を理解し会社を選ぶことが必要になりそうだ。

【関連記事】
財テクで稼ぐ天野ひろゆき、大久保佳代子 ウハウハお金事情
バイナリーオプション 新ルール制定で変わったものは何か
FX戦略 新興国通貨への投資は控え米ドル・ユーロを狙うべき

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP