ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渡辺久信 高校3年の夏は自分の押し出しにより県決勝で敗退

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高校野球の大きな魅力といえば、弱小校による下克上や、強豪校のまさかの敗戦などの「大番狂わせ」。群馬県で起きた番狂わせを紹介しよう。

 後に西武ライオンズのエースとなる前橋工の渡辺久信は、県内では「敵なし」の存在だった。1年の夏に甲子園出場、3年時には全国屈指の豪腕として名を轟かせていた。しかし3年夏(1983年)の予選決勝で涙をのむ。

 ダークホース的存在だった太田工が左腕・青柳の好投で食い下がり、延長11回の末、渡辺の押し出し四球で前橋工がサヨナラ負けを喫した。太田工は甲子園で優勝候補の池田高校(徳島)に大敗。「もしも前橋工の渡辺がいたら……」と想像する群馬の高校野球ファンは今も多い。ちなみに太田工の夏の甲子園出場は現在までこの1度のみだ。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
江川卓在籍時の作新監督 2年連続甲子園出場逃し更迭された
延長15回裏サヨナラヒット ベース踏み忘れで甲子園幻の事件
北海道屈指の進学校・札幌南 甲子園出場時の地元の熱狂回顧

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。