ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

書くだけで涙が出るノートが話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ・シリコンバレーにあるベンチャー企業Magnus Ferreus社が、“書くだけで泣ける”というノート「ONION NOTE」を発表し、注目を集めている。

【画像や図表を見る】

公開された紹介動画には、同社のCEO・トーマス氏が登場。

「皆さんはどうノートを使いますか? 勉強のため? 仕事のため? 家計簿をつけるためかい?…ただ、そこに感動はないよね?」

としたうえで、“革命的な感動ノート”として「ONION NOTE」を紹介。氏の説明によれば、ノートのページ表面には玉ねぎの成分が塗られており、この成分が、同社独自の技術により書く摩擦で気化。その刺激で涙がこぼれるという仕組みらしい。氏は、「印象的にメモをとることができる。だから忘れることもありません」という。

公式サイトによれば、玉ねぎ成分(硫化アリル)のトリートメント効果で書き心地も素晴らしく、また玉ねぎの繊維の構成を利用することで、0.024mmの薄さながら裏写りや透けも防止。ノートとしての機能も申し分ないことがアピールされている。

YouTubeで公開されているCM動画「図書館篇」「ダイニング篇」では、ノートに数文字書くと涙を流す男性、女性の姿が収められている。この動画を見るなどして、この商品が気になる人が続出。ツイッター上には、

「オニオンノートwwwwちょっと欲しいな」
「オニオンノートちょっとほしいw この発想は無かった」
「オニオンノート涙不可避使いたいかも」

という声のほか、“摩擦で涙が出る”ということについて、

「このノートに消しゴムつかったらすごいことになりそう」
(以上、すべて原文ママ)

というコメントも投稿されている。

ちなみに玉ねぎは、辛みがもっとも強い晩生のフランス産を厳選して使用しているというこだわりようだ。日本先行販売予定で、現在Twitter・Facebookと連動し、333人に当たるプレゼントキャンペーンを実施中。ツッコミどころ満載のノートだが、日々の生活に“刺激”を与えてくれることは間違いない!?
(R25編集部)

書くだけで涙が出るノートが話題はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
度肝を抜く!キワモノ文具8選
「貼り直し」ができるテープのり
鳩サブレに激似「鴨サブレ」が話題
カブトムシの角みたいな蛍光ペン
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP