ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【飛行機の利用者必見】スマートな電子タグ&トラッカーで荷物の現在地をチェック!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

eTag-eTrack飛行機を利用する際に、乗客は荷物を同乗させることが多いだろう。ただ、積荷の手配のせいで出発時間が遅れたり、荷物が紛失するなど、トラブルの引き金になることもある。

そんな荷物問題を解決しようと、フランスとオランダの共同航空会社Air France-KLMが、スーツケースメーカーSamsoniteとタッグを組み、あるシステムを試験的に導入するという。それがFastTrack社が開発した「eTag and eTrack」システムである。

eTagはいわゆる電子荷物ラベルで、スーツケースの外側にくっつける。この電子タグには荷物の到着地がバーコードで表示されている。一方、eTrackはスーツケースの中に入れておく。このデバイスはBluetoothで乗客のスマートフォンと通信をおこない、eTrackを使って、荷物の現在地を追跡することが可能。

eTag-eTrack2また、電子タグは盗難防止の機能も併せもっていて、スーツケースがいじくり回されると、それを検知して所有者に知らせてくれるようになっている。

乗客は自分の荷物の現在地を逐一把握することが可能になる。目的地到着後、万一自分の荷物が見当たらない場合にもいち早く気づくことができ、荷物の現在地の再追跡をおこなえる。荷物のおよその現在地をつかめれば、荷物レーンで荷物が出てくるのを、ひたすら立ち尽くして待ちぼうけする必要もなくなるだろう。

「eTag and eTrack」システムは、運行が頻繁なルートを選び、今年12月に試験運用される見込みだ。荷物の所有者だけでなく、トラブルの元となる荷物問題を防ぎたい航空会社にとっても、大きなメリットとなりそうである。

eTag and eTrack

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。