ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

運動開始から20分経たないと脂肪燃焼されない説に研究者異議

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「運動開始から20分以上たたないと脂肪は燃焼されず、ダイエットに有効な有酸素運動とならない」という説がある。

 20分以上動かないと効果が出ないとなると、忙しい主婦や、運動からしばらく遠ざかっていた人にとってはハードルが高いが…。

「20分以上の連続運動をしなくても脂肪は燃焼されます」と語るのは、国立健康・栄養研究所、基礎栄養研究部部長の田中茂穂さんだ。

「実は、20年ほど前から、国際的には、連続的な運動と断続的な運動を比較した場合、合計運動時間が同じであれば、エネルギーの消費量に差はない、という研究結果が出ています」と田中さんは語る。

 20分以上の有酸素運動をしたり、フルマラソンを走ったりしたのにもかかわらず、太ってしまう、という声が巷にはあるが、その理由も明快だという。

 運動するときに使うエネルギーには、脂肪と糖質があるが、例えば体重が60㎏で体脂肪率が25%の場合、脂肪は約15kg、糖質は400~500gほどになる。

「糖質は、高強度な運動や長時間の運動でエネルギーとして利用されやすく、体に蓄えがなくなりやすい。フルマラソンを走ったら即なくなってしまうくらいで、枯渇すると疲れて動けなくなり、それを補給するため、食欲が増進してしまいます」(田中さん)

 なるほど、激しい運動をするとその後、いつも以上に食べたくなるのは、消えた糖質のしわざだったのだ。

※女性セブン2014年7月31日・8月7日号

【関連記事】
原発の真の危険性は? 日本のエネルギー政策について考察した本
「人は何も食べなくても40日間生きられる」と南雲吉則医師
ご飯1杯を半分にすると1年で約5kgの体重減も可能と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP