ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「昔より酒に弱くなった=肝臓機能低下」は本当か 専門医解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 40代、50代のサラリーマンが酒席に集えば、だいたいこんな話になる。

「最近、めっきり酒が弱くなってさぁ……。若い頃の3分の1も飲んでいないのに、すぐ寝ちゃったり、悪酔いしたりする」

「俺もだよ。ちょっと飲んだだけで翌日が辛い。どこか体調に問題でもあるのかなァ……」

 体力や記憶力と同様、「酒量」の増減を健康のバロメーターと考える人は多いだろう。最近酒に弱くなったのは重大な病気の兆候ではないか、と不安になるのも無理はない。しかし、いたずらに恐れる必要はない。「酔い」を科学的に学べば、年を取ると酒に弱くなるのは多くの場合、「ただの加齢現象」だとわかるはずだ。

 アルコールを分解する臓器が肝臓であることは広く知られている。そのため多くの人々は「酒に弱くなった」=「肝臓の機能が低下している」と考え、肝臓の不調を疑ってしまう。

 しかし中年までは、肝臓が原因で酒に弱くなることは稀だという。東海大学名誉教授で、肝臓病学、アルコール医学などが専門の松崎松平・医師がいう。

「肝機能の大きな低下が見られるのは60歳以降で、それまではアルコールの分解速度は年齢によって大きな差がありません。つまり、40代、50代のサラリーマンが酒に弱くなる理由は、通常は肝機能以外にあると考えるべきです」

 肝臓以外の原因とは何か。それを知るには、まずはアルコール分解のメカニズムを知る必要がある。

 口から体内に入ったアルコールは胃で2割が、小腸で8割が吸収される。それから血管を通って体内を巡回しながら、繰り返し肝臓で分解される。

 実は、この2割の吸収を担う「胃」の老化が、酒に弱くなる原因のひとつと考えられている。アルコール症全般の臨床研究を行なっている久里浜医療センターの松下幸生・副院長がいう。

「胃の粘膜には、肝臓と同じアルコール脱水素酵素が存在しており、アルコールの一部は肝臓だけでなく胃でも分解される。しかし、加齢とともに胃の粘膜が薄くなり、酵素自体が少なくなってくる。胃のアルコール分解が悪くなるため、肝臓のアルコール分解速度に違いはなくても血中アルコール濃度が高くなってしまうのです」

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
血中アルコール度0.05~ 0.1%ほろ酔い期 本音出てキス魔にも
「酒は訓練すれば強くなる」説に医学博士「多少はなります」
飲酒前に牛乳で胃に膜、ウコンで肝機能向上説を専門家が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP