ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「STAP丼」の次は「レリゴー丼」!?怪メニューで話題の食堂がネット上で話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世の中にはブームにあやかって、不可思議なアイテムが登場し、話題となることもしばしばだ。それらの多くは「単なるおやじギャグ」レベルのものから、「オマージュ」と呼ぶに相応しい出来栄えのものまで、実に様々だが、最近ネット上で話題となっているのが、映画『アナと雪の女王』の大ヒットにちなんで登場したと思しきこの「丼モノ」。

この料理を提供しているのは、栃木県足利市にあるという「まるや」という食堂のようで、その名も「レリゴー丼」。店先に貼られた紙によると、「アナゴと雪の女王 すこしもまずくないわ」の文字が。どうやらアナゴを使った丼メニューのようだ。なお、同店はこうした個性的な店頭POPで地元では有名なようで、かつては「STAP丼はあります!」という紙が貼られていたこともあったという。

これを見たネット上のユーザーからは、「一体どんな丼なのか気になる」「アナゴはわかるけど、雪は?」と、その中身を気にする声が。

現在、このあまりに謎すぎる丼と、それを提供している同店について、詳細な情報がもたらされることを、多くのユーザーたちが見守っている。

文・藤井一成

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/KohakuR/status/491533357990150145/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP