ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BYEE the ROUND、初のワンマンツアーを完走

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3年ぶりのフルアルバム「ニンゲンジオラマ」を6月4日に発売したBYEE the ROUNDが初のワンマンツアーのファイナル公演を7月21日に、東京・渋谷TSUTAYA O-Crestにて開催した。このツアーは、バンド史上初となるレコ発ワンマンツアーで、下北沢、仙台、名古屋、大阪、福岡をまわり、21日がファイナルとなりチケットも完売していた。

「ツアーファイナルへようこそ!いけるかCrest!」と叫ぶVo/Gt松山晃太のかけ声を合図にアルバムのタイトル曲「ニンゲンジオラマ」から勢いよくスタート。

一気にボルテージがあがった会場に、代表曲「イメージ」や「コンティニュー?」をはじめ、アルバム収録曲のパーティーチューン「拝啓ロックンロール」やミュージック・ビデオにもなっている「一言だけ」を次々と披露。

BYEE the ROUNDらしい研ぎ澄まされたロックサウンドと歌声で会場の空気を圧倒していった。中盤でのVo/Gt松山晃太のMCでは「たくさんケンカして仲直りして10年やってきました。4人で作ったアルバム、とてもいい曲が何曲もできました。全員に歌います」とアルバム唯一のバラード曲「ハートの女王」を披露し、松山のささやくような優しい歌声で会場全体が包まれた。

そんな余韻を楽しむ客席に対して松山は「いい曲すぎるだろー(笑)」とユーモア溢れるMCで切り込みラストブロックへ突入。「お前らのパワー、増幅して返すから、もっと投げてこい!」と客席をあおり、たたみかけるようにライブ定番曲を投下し本編を終了した。

アンコールでは、メンバーが1人ずつ登場し、それぞれがMCを。普段MCをしないGt.高橋”Satoshiante”やBa.オオイユウスケも節目となるこのツアーについて感謝の気持ちを述べた。

最後に登場した松山は、「今日ほど生きてて良かったって思ったことはないです。ほんとありがとう!」と締め、「各地でいろんな企画をしてきたけど、今日は曲をたくさんやります!」と、新旧織り交ぜたアンコールにふさわしい4曲披露し幕を閉じた。

BYEE the ROUNDは、今後8月25日に東京・下北沢CLUB251にて、4年ぶりとなるLarge house satisfaction、barbalipとの3マンイベント「無所属(新)EXPLODE」を開催。チケットは7月26日より一般発売開始となる。詳しくはオフィシャルサイトまで。

Vo/Gt:松山晃太コメント
最高とは何でしょうか。
今日この瞬間でした。
本当にありがとう。
来てくれてる皆の顔を俺は見ていたんですが、凄く皆が良い顔していました。
お前ら、本当に最高だったぜ。
やっぱりライブが好きだ。
また、会おうぜ。
アイラビュー!!

BYEE the ROUNDが初のワンマンツアーのファイナル公演:7月21日(月・祝)渋谷TSUTAYA O-Crest セットリスト
01.ニンゲンジオラマ
02.ウォーキング・デッド
03.イメージ
04.コンティニュー?
05.イエスマンのブルース
06.反逆のmm
07.拝啓ロックンロール
08.UFO
09.一言だけ
10.R.Jに告ぐ
11.嫌いな学生
12.ハートの女王
13.12月に当然の事を言う
14.可愛いベイビー
15.ホームアローン
16.ソングライター201
17.共犯者は笑う
18.ロックスター

アンコール
01.ファイヤー
02.ムービー
03.ラブソング
04.せーの

「無所属(新)EXPLODE」予告ビデオ

関連リンク

バイザラウンド オフィシャルサイトhttp://www.byeetheround.com/
バイザラウンド オフィシャルYouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/byeetheroundSMEJ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP