ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オードリー春日、肉体勝負の歴史 「普通の人」と呼ばれ奮起

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月21日、お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰が、都内でDVD『オードリー春日“ボディビルダーへの道”』発売記念イベントとなるボディタッチ会を開催。500人ものファンが集まり、大盛況となった。

このDVDは、今年5月に行われた『第22回 東京オープンボディビル選手権』に出場するまでの春日の1年間のトレーニングに密着した映像作品。大会では予選敗退となってしまったが、今後もトレーニングは続けるという。

ちなみに、イベントでは「写真OK」「タッチする場所NGなし」の超神対応だったとのこと。ツイッターでは、参加者たちが、

「おどおどしてるファンにはニヤニヤしながら触りなさいっていってくれる優しい春日さん。平和だなぁ…」
「ふくらはぎから太腿までしっかり触らせていただきましたが、カッチカチ」
「あまりの感触に触った瞬間うひゃひゃひゃひゃひゃと気持ち悪い笑い方をしてしまったのにも関わらず、『うん、そうだな!!笑っちゃうよな!!』って至近距離で笑って下さった…神だ…神がいる…」

などとレポート。最高のサービスでファンたちを大満足させた春日だった。

お笑いそのものとは関係ないボディビルに情熱を燃やす春日だが、実はブレイク前にも、肉体を使ってメディア露出を図ったことがあった。

無名時代の2006年に『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』(テレビ朝日系)の「芸能界潜水選手権」に出演しているほか、2007年にはK-1 JAPAN戦士育成プロジェクトに応募し、実際にK-1のリングに立っている。お笑いに詳しい芸能関係者は話す。

「『Qさま!!』の潜水選手権は、ロバート秋山や安田大サーカスの安田団長といった、当時すでに売れていた芸人たちのなかで、なぜだか無名の春日が登場し、好記録を出していました。ただ、まったく面白いことを言わなかったので、ここから仕事が増えるということはありませんでした。そして、翌年K-1に挑戦しますが、こちらも同様、ブレイクのきっかけにはなりませんでした」

しかし、2008年末のM-1グランプリで敗者復活戦から決勝に進出、準優勝したことで大ブレイクした。

「もともと、コアなお笑いファンや芸人たちの間ではオードリーの評価は高く、特にネタの全てを作っている若林は“天才”と呼ばれていました。一方、春日は“普通の人”という印象で、“春日が足を引っ張っている”なんてことをいう芸人もいましたね。なので、春日としてもどうにかして売れるきっかけをつかもうと、得意分野である肉体を使った仕事にチャレンジしていたんだと思います。当時のチャレンジはまったく結果につながりませんでしたが、いまになって春日がひとりで体を使って仕事をしているのを見ると、無駄ではなかったといえるでしょうね」(前出・芸能関係者)

イベントが大盛況だったことからも分かるとおり、今回のボディビルはお笑いのほうにもフィードバックできそうな春日。もう“若林の足をひっぱっている”なんて言わせない!

【関連記事】
「太った熟女好き」のオードリー春日 ガッチリ女性もタイプ
結婚式で司会した後ドレスから私服に着替えた佐々木恭子アナ
ボディビルにのめり込む人の心理に迫ったノンフィクション

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP