ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

快適な睡眠にはコーヒー・紅茶・緑茶は不向き 寝酒もNG

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年の温暖化により冷房が欠かせない日々となってきた。そこで気になるのが電気代…。なんとか節電しながら快適に眠るコツはないものか。睡眠改善シニアインストラクターの内海裕子さんが、エアコンだけに頼らない夏の快眠法を教えてくれました。

 * * *
 就寝直前の水分補給には極端に熱すぎず冷たすぎないものを。カフェインは入眠を妨げ、睡眠を浅くします。その作用は4〜5時間続くといわれ、年齢を重ねると分解能力が低下し、さらに長びくといわれます。寝る前のコーヒーや紅茶、緑茶はおすすめできません。

 夕方を過ぎたら麦茶など、カフェインが入っていないものをセレクトしましょう。

 また、寝酒もNG。眠くなるほどのアルコールを摂取すると、眠っている途中に目覚めることが増え、睡眠が浅くなりがちです。アルコールには利尿作用があるため、お手洗いのために目覚めることも増え、熟眠を妨げ睡眠の質が落ちてしまいます。

※女性セブン2014年7月31日・8月7日号

【関連記事】
15分睡眠で眠気予防の“チョイ寝” 寝る前カフェインがコツ
パーフェクト睡眠のためには朝日を浴び、大股開きで歩くこと
韓国でカフェブーム到来? PCで仕事するフリする人も登場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP