ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

最薄部15mm以下! エイサーがスリムな壁掛け対応液晶ディスプレー『S1シリーズ』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エイサー S1シリーズ


日本エイサーは、White-LED(以下、W-LED)バックライトを搭載した壁かけ対応の超薄型液晶ディスプレー『S1シリーズ』を6月中旬より順次発売します。本体重さは2.8kgからと軽量で、厚みはわずか15mm以下(最薄部)に抑えた、超スリムなディスプレーです。

エイサー S1シリーズ

『S1シリーズ』のラインナップは、20インチ(S201Hlbd)、21.5インチ(S221HQLbid)、23インチ(S231HLbid)の3機種。W-LEDライトによる無水銀パネルユニットを搭載し、省電力CCFLタイプのディスプレー(同社従来品)と比較して、最大で28%の消費電力を削減しました。また、W-LEDの搭載により、ディスプレイ本体部の厚みをグッと抑え、シリーズ全機種ともに最薄部で15mm以下を実現。本体重量も、2.8kg~3.36kgと軽量で、壁掛け(VESAマウント100×100mm)にも対応しています。

『Acer ACM(Adaptive Contrast Manegement)テクノロジー』を搭載し、「標準」「テキスト」「グラフィック」「ムービー」の4モードに加えて、「ユーザーモード』で好みの表示設定が可能。W-LEDと『Acer ACMテクノロジー』により、コントラスト比は1200万:1を実現しており、高精細な映像を美しく再現します。いずれもカラーはブラックのみ、予想販売価格は、『S201HLbd』2万円前後、『S221HQLbid』2万3000円前後、『S231HLbid』2万5000円前後です。
 
『S201HLbd』の主な仕様
ディスプレーサイズ:20インチワイド(表示領域442.8×249.075mm)
最大解像度:1600×900(画素ピッチ0.276mm)
入力信号:アナログRGB、デジタル
入力端子:D-Sub 15ピン、DVI-D 24ピン(HDCP対応)
スピーカー:非搭載
サイズ:474×350×145mm
重さ:2.8kg
予想販売価格:2万円前後

『S221HLQbd』の主な仕様
ディスプレーサイズ:21.5インチワイド(Full HD 16:9、表示領域476.64×268.11mm)
最大解像度:1920×1080(画素ピッチ0.248mm)
入力信号:アナログRGB、デジタル
入力端子:D-Sub 15ピン、DVI-D 24ピン(HDCP対応)、HDMI Ver.1.1
スピーカー:非搭載
サイズ:505×371×145mm
重さ:3.0kg
予想販売価格2万3000円前後

『S231HLbd』の主な仕様
ディスプレーサイズ:23インチワイド(Full HD 16:9、表示領域509.76×286.74mm)
最大解像度:1920×1080(画素ピッチ0.265mm)
入力信号:アナログRGB、デジタル
入力端子:D-Sub 15ピン、DVI-D 24ピン(HDCP対応)、HDMI Ver.1.1
スピーカー:非搭載
サイズ:542.2×391.4×157mm
重さ:3.8kg
予想販売価格:2万5000円前後
 
 

■関連記事
飛び出す迫力の映像をパソコンで! エイサー、初の3D対応液晶モニタを発売
10.1型ワイドの回転式タッチスクリーンを搭載したノートPC『Eee PC T101MT』発売
スリム&コンパクト設計! ASUSが薄さ4.2cmのオールインワンタッチスクリーンPCを発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。