ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

万華鏡に入りこんだ気分が味わえる“ジッパー建築”アート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年開催されたアート・フェスティバル「神戸ビエンナーレ2013」でお披露目され、先日、“カッティングシート(装飾用シート)のデザイン・アワード”として知られる「CSデザイン賞」を受賞した、ある作品が、世界中のデザイン系サイトにて話題になっている。

白根昌和氏、宮崎沙綾氏が手掛けた作品「Garden(ガーデン)」は、まるで万華鏡の内部に入り込んだような体験ができるインスタレーション・アート。

鏡のように見える素材は、“MDF(中密度繊維板)”と呼ばれる、木質繊維を原料とする“成型板(ファイバーボード)”の一種で、そこへ1枚1枚ミラーシートを張っているのだそう。

そしてこの多面体は、全てジッパーで繋がっており、この“おおきな万華鏡”に多彩な変化を起こすため、面の一部が窓の様に開閉することができるようになっている。

“柔らかくて、軽くて、動く”素材を使ったことで、中に入った人の動きによって、光のプリズムや色の変化が楽しめるそうだ。

日本人ならではの細かい技術や、ファンタジックな感性が世界でも絶賛されている、このような作品を見ていると、なんだか私たちまで誇らしい気持ちになる。

今のところ、この先の展示予定などは発表されていないが、デザイナーたちの今後の動向など、気になる方はチェックしておいて。

Shirane-Miyazaki
http://shirane-miyazaki.com/index.html

インスタレーション(まとめ)

The post 万華鏡に入りこんだ気分が味わえる“ジッパー建築”アート appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP