ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白?青?黄色?ルービックキューブの変更点がマニアの間で論争に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かつて世界的な大ヒットとなり、日本でも1980年の発売から実に20年以上もその愛好者が途絶えないルービックキューブ。実はこの往年のパズルゲームに関する”ある変更点”が 、マニアの間で論争を巻き起こしている。

実はこのルービックキューブ、日本では独自の「日本配色」というものが存在し、発売当初から数十年間はこの「日本配色」が基本となっていた。しかし、販売元のメガハウスが、国内流通分についても、数年前から「海外配色」に変更したため、古くからの「日本配色」派と、新興であり、国際的な標準でもある「海外配色」を好む派との間で、熾烈な論争が続いているのである。

というのも、一度でもルービックキューブをやったことのある人ならばわかるかもしれないが、すべての面の「色を揃える」という性質上、それぞれのユーザーには、自分なりに慣れた方法が確立されている。そのため、カラーの位置が変わっ てしまうと混乱してしまい、思うようにプレイできなくなってしまうのだ。

現在、このカラー論争については、マニアの間でこそ、熾烈なバトルが展開中であるが、それを見た多くのネットからは「きのこたけのこ論争みたいなものだな」と、生温かく見守る声が。果たしてこの論争、その決着がもたらされる日が訪れるのか、少し気になるところである。

文・藤本秀太

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP