ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャンドルの炎を電源にしたエレガントなスピーカー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エレガントなディナーのスパイスに、美しい音楽をかける…。

そんなとき、スピーカーのケーブルがゴチャゴチャしていたら興ざめだが、こちらの“Pelty”というbluetoohスピーカーなら問題なし。

Peltyの特徴は、キャンドルの炎を電源とする点。

「ペルティエ効果」という現象を利用した、特許技術を使っているそう。

開発したのは、ロマンティックな演出については人一倍こだわりをもつであろう、イタリアのチームだ。

誕生秘話も素敵。

エンジニアのGianluc Gambaさんは、テラスでフィアンセとのディナーを楽しんでいるとき、ムードに合った雰囲気を作るために音楽をかけようと思いついた。

しかし彼の持っていたスピーカーは、プラスチック製かつケーブルを必要としたため、エレガントさの面でも、実用性の面でもイマイチ。

そこでひらめいたのが、このスピーカーだ。

ハンドメイドでセラミックとガラスで作られたPelty。素材だけでなく、電源となるキャンドルの炎は雰囲気をより甘く、エレガントに。

まさにGambaさんがフィアンセとのディナーで必要としていたものなのだ。

この商品は、クラウドファンディングサイトIndiegogoにて8月16日まで出資者を募っており、黒・白が269ドル、カラーのものは早期割引で265ドルの枠が残っている。

自分たちの素敵な時間に、あるいは誰かへのプレゼントに、どうだろうか。

Pelty
http://www.pelty.it/
Indiegogo
https://www.indiegogo.com/projects/pelty-the-bluetooth-speaker-powered-by-fire#home

The post キャンドルの炎を電源にしたエレガントなスピーカー appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP