ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの人気投手が主人公?の野球ゲームに「これはひどいwww」の声多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫
あの人気投手が主人公?の野球ゲームに「これはひどいwww」の声多数

最近では世の中を騒がせた事件や事故が起きるたびに、どこからともなく発表される”風刺系アプリ”。今年に入ってからも、STAP細胞ゲームにはじまり、 ゴースト作曲家ゲームに、号泣会見をモチーフにしたものなど、実に様々な作品が一部で話題となったが、最近にわかに注目されているのが、この『カイエン青山 ~伝説過ぎるピッチャー~』だ。

このゲーム、そのタイトルからもわかるように、かつて甲子園をわかせた某人気投手を彷彿とさせるキャラクターが登場、「ストラックアウト」的なゲームに仕上がっている。

とはいえ、ゲームの内容としては至ってシンプル。キャッチャーの構えたところにボールが入ればOK、外れたらすぐさまホームランでNGという、どちらかと 言えば”直感系”に類するタイプのゲーム。しかも取得したスコアにより、ゲームオーバー時には某投手の”迷言”と思しきセリフが出現するという、奥深いのか、それとも作り逃げなのか、なんだかよくわからない作風が特徴の作品に仕上がっている。

しかしこの手のゲームにはありがちなことだが、そもそもが「出オチ」的な内容であるため、このゲームをプレイしたユーザーからは早くも「これはひどい www」という声が。 ちなみに、本ゲームのモチーフになったと思しき某投手は、今シーズンは辛うじて1軍での登板を果たしたものの、依然低迷中。周囲からの期待が強い同投手だ けに、こうした風刺ネタの中ではなく、本業の方での奮起と活躍が望まれるところだ。

文・尾毬 一

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。