ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2014上半期全世界音楽興行ベスト10発表、1位はワン・ダイレクションの132億円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽興行の業界誌ポールスターが2014年の上半期(1月~6月)の興行売り上げ上位のアーティストを発表した。ワン・ダイレクションがローリング・ストーンズを押さえて1位になった。(1$100円換算)

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

1位 ワン・ダイレクション  132億円

2位 ローリング・ストーンズ  115億円

3位 ジャスティン・ティンバーレイク  110億円

4位 ブルース・スプリングスティーン  65億円

5位 マイケル・ブーブレ  62億円

6位 ジョージ・ストレイト  62億円

7位 イーグルス  54億円

8位 ビリー・ジョエル  51億円

9位 シェール  49億円

10位 ブルーノ・マーズ  43億円 

ワン・ダイレクションは見事だ。少女向けなのでチケットの平均単価が約8000円。31回の公演で、1回の売り上げが4億円を超えた。ローリング・ストーンズの平均チケット単価は1万8000円。マイケル・ブーブレは公演回数が57回と多い。68歳の女性シンガー、シェールもたいしたものである。

ちなみにレディー・ガガは16億円で46位だった。ツアーのスタートが5月4日からだったのでしょうがない。だが1公演の売り上げが平均7500万円というのは少し元気がない。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP