ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミュージシャンの「2代目襲名」 是非と需要についての考察

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 氷室京介の「ライブ活動休止宣言」が波紋を広げた。海外の有名アーティストではメンバーを入れ換えつつ活動を続けているところが少なくない。日本でも歌舞伎のようにロックアーティストの「2代目襲名」をしてはどうか。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考える。

 * * *
 ミュージシャンの引退、そして2代目制度ということについて考えてみたいと思います

「氷室京介を卒業する」

 ロック歌手、氷室京介のライブ活動休止宣言が話題となりました。山口・周南市文化会館公演で発表され、当初はどう解釈していいのか分からず騒然となりましたが、本人のHPでも正式に発表されました。来年のライブをもってライブ活動を休止します。レコーディング活動などは行い、新作は発表するようですが。

 ツアーファイナル2DAYSの初日、7月19日横浜スタジアムでは、その理由などが語られました。活動休止の理由は、耳の調子が理由でした。7年前から右耳の調子が悪く、最近は左耳の調子も悪くなってきたとか。これにより、ライブ活動の継続は困難だと判断しました。この日のライブでは「人に寿命があるように、俺にミュージシャンとしての寿命が来たってことかな」と語りました。人気絶頂の時にBOOWY解散を決めた氷室京介らしい、潔い決断だと感じました(BOOWY解散の理由は、未だに謎ですけどね)。

 BOOWYのギタリストとであり、解散後、一度も一緒に演奏したことのない布袋寅泰は、ブログ上で、ラスト公演の共演を希望する発言をし、話題になりました。個人的には、夢の共演を見てみたいなと思いつつ、とはいえ、氷室京介は、自分の美学を貫き通すのかなとも思っています。

 ここまでは実は前置きで、今回はミュージシャンのキャリア、特に引退について考えてみますね。

 53歳での引退宣言(ライブ活動においてですが)というのは、今の音楽事情から考えると、早いように感じます。「ロックバンドの解散とプロレスラーの引退は信じちゃいけない」は大槻ケンヂの名言ですが、そう、結構な数のバンドが再結成し、しかも60代、70代でも活動しているのですよ。

 そういえば、ネット上では、今年の秋に来日するプログレッシブ・ロックの雄、イエスの来日公演ポスターが「遺影みたいだ。イエスじゃなくて遺影(イエイ)」「老人ホームの写真みたい」「死神みたいだ」なんていう声を見かけました。いや、客席もきっとそんな感じでしょう。高齢者たちが、バンド活動を続けています。

 元々のメンバーは数人でも、自分たちよりも若いメンバーを入れて続けているバンドをよく見かけます。KISSはオリジナルメンバーが2人で、60代の彼らよりも10歳くらい若いメンバーを入れています。DEEP PURPLEもリッチー・ブラックモアが抜けた後、メンバーたちよりもやはり10歳くらい若い、スティーブ・モーズが加入しました。ただ、そのメンバーたちも、いまやおじさんなのですけどね。

 QUEENもフレディー・マーキュリーが亡くなった後、ポール・ロジャース、アダム・ランバートなどをゲストボーカルに迎え、活動を継続しています。夏フェス、SUMMER SONICのヘッドライナーとしてのライブを予定しています。アダム・ランバートは32歳。メジャーデビューのきっかけは、『アメリカン・アイドル』というオーディション番組で準優勝したことでした。その際に、QUEENのナンバーを演奏しています。しかも、QUEENのメンバーと一緒に、なのです。ゲストとして番組に参加していたブライアン・メイ、ロジャー・テイラーが彼のボーカルに惚れ込んで、その場でクイーンへの参加を打診したのだとか。

 バンドにおいては、今後も若いメンバーを加えて活動を継続する動きがあることでしょう。さらに言うならば、やや大胆な予想をするならば、オリジナルメンバーがゼロのバンドが、そのバンド名を名乗り、2代目が活躍するということもあり得るのではないかと思っているわけです。前出の大槻ケンヂは、NHKでKISSの伝説の武道館公演が再放送された際にゲスト出演し、「KISSはもう伝統芸能ですよ。歌舞伎と同じように襲名制にして後年まで続けて欲しい。」とコメントしています。

 他にもLOUDNESSのギタリストであり現在のリーダー高崎晃は「LOUDNESSはこれまでどんなメンバーチェンジがあっても解散することなく続いてきた。LOUDNESSは日本を代表するバンドとしてこれからもずっと続いていきます。例え、僕が抜けても」と発言しています。いや、彼が抜けることはないと思うものの、LOUDNESSを名乗る公認バンドが将来現れてもおかしくないですね。

 また、日本のハードロックバンド、44マグナムは再結成して活動しているのですが、メジャーデビュー時のメンバーに加え、ボーカルのポールのお子さん、スティーブが加入しています。これは、ポールが若年性パーキンソン病なので、2人で歌う体制になったのですね。この夏のツアーの新潟公演では、体調不良のために、スティーブ1人で歌うこともありました。このように、子供が親のバンドを継ぐということも、今後はあることでしょう。

 漫画の世界でも、すでに『聖闘士星矢』や『北斗の拳』などは、ブランドを引き継いで、他の人が絵を描くなどのことが行われています。

 バンドと比べると難易度は高いですが、著名人の2代目を襲名するということは今後、あってもおかしくないのではと思うのです。ものまねタレント、コピーバンドに一定のニーズがあるように。

 とはいえ、さすがに「2代目氷室京介」というのは、難しいかと思いますけどね。ただ、今後、彼がプロデュースした若手などが登場することを祈っています。来年のラストライブ、チケットは争奪戦になるかと思いますが、行きたいと思ってます。さて、布袋との共演はあるのでしょうか。

【関連記事】
上戸彩 三代目J SOUL BROTHERSに「姐(あね)さん」と呼ばれる
新大久保の「会いに行ける」韓流アイドル・KINOに大行列
若手バンドマンを「ヒモ」にし同棲する女性たちの生態と心理

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP