ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生え抜き育てる中畑DeNA 桑原の台頭でポジション争いも激化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ後半戦が始まったプロ野球。横浜DeNAベイスターズは、前半戦最後の2カードを4勝1敗1分で終え、セ・リーグ5位で折り返した。3・4月こそ7勝18敗と大きく負け越したものの、5月は13勝12敗、6月は9勝9敗、そして7月は6勝5敗1分(前半戦終了時点まで)と盛り返してきている。

 投手陣は開幕投手の三嶋一輝、ローテーションの一角だった尚成、抑えのソーサが二軍落ちするなど、当初の計算は崩れた。その一方、リリーフの山口俊の先発転向やルーキー三上朋也のクローザー抜擢など配置転換が当たった。

 打線は、悩める大砲だった筒香嘉智が5年目にして開花。打率2割9分3厘、16本塁打と堂々とした成績を残し、得点圏打率は4割5分5厘でリーグナンバーワン。ブランコがケガで離脱すると、4番も務めた。6月には、“キューバの至宝”グリエルが加入し、安定感のある打撃と強肩で魅せる守備でチームに刺激を与えている。さらに7月には、3年目の桑原将志が台頭してきた。スポーツライターが桑原について話す。

「7月4日の阪神戦に『7番・センター』でスタメン出場すると、メッセンジャー相手に第1打席9球、第2打席10球、第3打席10球と計29球も投げさせた。その後も、粘りのある打席を度々見せると同時に、初球から振っていく積極性も持ち合わせている。凡打をただの凡打で終わらせないガッツのある選手。

 俊足巧打の桑原は、センターを守り昨年のゴールデングラブ賞を受賞した荒波翔と、ポジションが被る。荒波は簡単にポップフライを上げるなど、凡打の質が良くないときが往々にして見受けられた。桑原は、荒波がケガで離脱している間のチャンスをモノにした。後半戦、荒波と桑原のレギュラー争いは注目です」

 昨年、新たに1年契約を結んだ中畑清監督にとって、後半戦はクライマックスシリーズ進出を懸けた大勝負となる。

「中畑監督は、みずから公言しているように、生え抜き中心のオーダーを理想としている。実際、梶谷隆幸や筒香といった若手が順調に育ち、ファンが継続して応援しがいのあるチームになっている。3位・広島とは6.5ゲーム差があり、逆転は難しい状況ではありますが、確実にチーム力はついてきています」(同前)

 中畑政権3年目を迎えた今年、采配に対するファンの目も厳しくなっているが、ファンに愛される監督であることは間違いない。今のペースで進めばシーズン後半戦、DeNAのさらなる躍進も十分あり得る。

【関連記事】
ヤクルト・バレンティン「HRなければ粗大ゴミ」とコーチ談
プロ野球前半戦 最も代打送られたのは36回の西武炭谷銀仁朗
「安い!」と特売洗剤買う主婦 気づいたら9個溜まっていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。