ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

線路を活かしたストリートアートが面白い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ポルトガル・リスボンの線路に描かれたストリートアートが、注目を集めている。

その大きな特徴は、あるときは五線譜の一部に、あるときは腕のラインに、と線路をペインティングの一部に見立てていることだ。

このシリーズを手がけたのは、“Bordalo II”という呼び名で知られるポルトガルのアーティスト、Artur Bordaloさん。

“Bordalo II”は、おじいさん(Real Bordalo)がリスボンに絵を描くのを見て成長したという、1987年生まれの若手芸術家。

こうしたアウトドアのペインティングのほかには、不要になったゴミをコラージュしたオブジェクトを得意としているようだ。

どの作品からも遊び心や大胆さが感じられて興味深い。

彼のInstagramでは残された作品だけでなく、制作過程も垣間見えるので、こちらも合わせてチェックしてみよう。

Bordalo II
http://www.bordalosegundo.com/
Facebook
https://www.facebook.com/BORDALOII
Instagram
http://instagram.com/b0rdalo_ii

アート(まとめ)

The post 線路を活かしたストリートアートが面白い appeared first on ISUTA(イスタ)オシャレを発信するニュースサイト.

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP