ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏の新風物詩!?日本初 “ウイスキーかき氷”がオシャレすぎる!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


京都の夏といえば、オススメしたいのが鴨川沿いだ。7月26日に「宮崎県日向市 塚田農場 京都三条大橋店」屋上にオープンする、ハイボールガーデン「空床(ソラドコ)」では、ちょっと贅沢なオトナデザートが楽しめるという。

「空床(ソラドコ)」とは、全国に104店舗を展開する塚田農場”初”となるルーフトップガーデン。宮崎県の柑橘「平兵衛酢(へべす)」に、日向夏やマンゴーなど南国宮崎の果実を使用したフルーツJARカクテル、階下の「宮崎県日向市 塚田農場」で人気のビールやハイボールに合うおつまみなどが提供される。

そんな「空床(ソラドコ)」の一押しメニューは、サントリーシングルモルトウイスキー「山崎」を使用した、日本初のウイスキーかき氷。

塚田農場とサントリーのコラボレーションにより誕生したこの新感覚デザートは、「みぞれ山崎」「みぞれ白州」の2テイスト(各/税抜1200円)。添えられたレモンの酸味と優しい甘みの自家製シロップが引き立てる、個性的な深みのある「山崎」「白州」の味わいは、ここだけのオトナな味わいだ。

最後は、添えられた炭酸水をかけてハイボールとして楽しめる。

京都の夜空を眺めながら、ちょっぴり「オトナ」なひとときを過ごしてみてはどうだろうか。

詳細はこちら(http://r.gnavi.co.jp/eb705sf70000/)から。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP