ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

岡山女児行方不明事件 犯人趣味の報道の仕方に「オタクを犯罪者に結びつけようとしている」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 岡山県倉敷市で行方不明となっていた小学校5年生の女子児童(11)が、無事保護された事件で、逮捕された男(49)が犯行を起こした動機と、現場の状況が徐々に報道を通じて明らかとされている。

 女子児童は7月14日、下校途中に行方が分からなくなっていた。岡山県警は15日に公開捜査に切り替え、広く情報を求めたところ、18日に近所の住民が4月下旬に車のナンバープレートを偽装した不審車を見たと通報。その際住民は正規ナンバーも目撃しており、目撃された正規ナンバーが、今回行方不明になった女子児童の母親が、以前自宅付近で目撃していた、不審車のナンバーと一致したため、捜査は大きく進展。19日に女子児童発見・保護、同時に犯人逮捕に至っている。

【関連:大手報道、一斉に1年前のニュースを今頃報じる―ブラジル18歳少女の「処女競売」】

■犯人の人物像や逮捕時状況の報道

 複数報道によると、逮捕された男は約30年前に両親妹とともに家族4人でこの地に越してきたが、数年前父親が他界。事件の約1年前には母親が老人ホームに入り、以来男はこの家に独りで住むようになっていたという。
そして昨年末には約1000万円をかけ、自宅をリフォーム。4畳半の1室には防音がほどこされ、外から鍵がかけられるようになっていた。

 女子児童発見当時の状況として、女子児童は布団の上に寝そべりアニメを見ていたという情報や、その後の取材として男の家の一室にはアニメのポスターが天井、壁に貼られていたという情報、そして男を知る人物からの話として「アニメ好きだった」という声などが伝えられている。

 なお、犯行の動機については、22日報道によると、捜査関係者への取材で分かった情報として、逮捕された男は「好み通りに育て、結婚するつもりだった」と供述していると伝えられている。

■アニメばかりに着目した報じられ方にネットで疑問の声

 男が逮捕されて以降、発見時に女子児童がアニメを見ていたという話や、男がアニメ好きだった、室内にはアニメのポスターが貼られていたなどの話がやけに目につく形で報じられている。

 今回の事件に限った話ではないが、何か事件が起きた際に、犯人の趣味にアニメ、ゲーム、漫画などがある場合、特徴として大きく報じられてしまうことがある。
対し、犯人の趣味が例えばゴルフ、麻雀、好きなテレビがバラエティなどの場合には、ほとんど触れられない、もしくは触れられても軽くしか扱われない傾向が強い。

 こうした報道の傾向について、ネットでは批判の声が高まっている。
中でも「偏向報道」「オタクを犯罪者に結びつけようとしている」という声が最も多く見られた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP