ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『HERO』第2話エンドロールの女優・建みさとに「どこに出てた?」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月より、フジテレビ開局55周年記念ドラマとしてスタートし、7月21日に第二話が放映され、視聴率19.0%とまずまずの視聴率を記録した木村拓哉主演の『HERO』。実はその第2話のエンドロールで登場したクレジットに、女優・建みさと(36)の名前が出ていたことから、「え、どこに出てた???」と現在話題となっている。

今ではすっかり大人の女優へと成長した建みさとは、95年に三井の7代目リハウスガールとして登場すると、瞬く間に人気アイドルへと成長。その後は本格的に女優へと転向し、これまで数多くの人気 ドラマに”豪華な脇役”として出演していたことは、ドラマファンの間ではあまりに有名だ。

実はそんな”豪華な脇役”としての持ち味は『HERO』第2話においても発揮されていた。彼女は番組冒頭で”結婚詐欺容疑の女”として、わずか20秒ほどのシーンにのみ出演していたのだ。そのため、うっかり見落としてしまった視聴者から、「彼女がどこに出ていたのか?」と疑問に思う声があがっていたというわけである。

こうした”チョイ役”としての起用方法に、ネット上では「ロンバケでキムタクと競演していたからなのでは?」という推測も出ているが、実は彼女、2011年に放映された『謎解きはディナーのあとで』の第6話でも出演しているため、キムタクだけではなく、北川景子ともフジのドラマで共演した経験がある(※別の容疑者の役で同じく『謎解きはディナーのあとで』第6話に出演した金井勇太も登場している)のだ。つまり、彼女はヒーロー&ヒロイン双方に縁のある名脇役だったというわけである。

初回の森山直太朗にはじまり、これからも豪華で珍しいゲストキャラが登場しそうな『HERO』。次回はどんな顔ぶれが登場するのか、気になるところだ。

文・藤井一成

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP