ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneカレンダーをひたすらスワイプしたユーザーがスゴい 何年先まで対応しているのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世の中には、かなり先々の予定まで入念にチェックする几帳面な人も少なくないが、そうした人に是非ともおススメしたいのが、iPhoneデフォルトの機能として実装されているカレンダー。先ごろ、ある奇特なユーザーの実験により明らかとなったが、このカレンダー、相当先の未来まで対応しているのである。

このユーザーが地道に行った”崇高なる実験結果”によると、確認できる範囲だけでも、329万年先まで対応している。この結果を受けてネット上では、

「他にやることないのかよwwww」
「すげーwwwなによりおまえがすげえよwww」
「俺は3000年くらいで飽きた…」
「ある意味、かなりのファンタジー」
「これは実用品ではなく娯楽用だろw」

…などと、驚きとも笑いともつかぬリアクションが。

なお、この結果を受け、別のユーザーが試したところ、Googleカレンダーは2036年までとなっており、いかにiPhoneのカレンダー機能がタフかを物語る結果に。はたしてその頃、iPhoneがiPhoneとして機能する環境下にあるのかは疑問だが、少なくとも、手軽に未来旅行気分を味わえるエンタメツールとしては、使えそうな雰囲気である。

文・今岡憲広

【参照リンク】
・【画像】とにかくiPhoneのカレンダーをスワイプし続けた結果www
http://sonicch.com/archives/39242733.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP