ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甲子園地方大会で珍事件 「スタメン9人中7人が『菊池』」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、全国で甲子園予選が行われているが、甲子園中継を見ていると、沖縄県勢の「比嘉」や愛媛県の「越智」など、各県の代表チームに同じ名字が集中していることがある。さすがに多くてもベンチ入り選手の中に3~4人ぐらいだが、地方大会のレベルでは、「同姓の選手だらけ」ということが本当に起こりうる。野球史研究家・姓氏研究家の森岡浩氏がいう。

「1998年の岩手県予選に参加していた遠野高校には驚きました。菊池という姓の選手が大変多く、部員54人のうち19人が菊池姓でした。もともと遠野地方には菊池姓が非常に多いのですが、この年はなぜか実力のある選手に菊池姓が多く、エースと主将の2人を除いて、スタメン9人のうち7人が菊池姓でした」

 球場のアナウンスも大変だっただろう。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
菊池桃子 離婚のウラに元夫・西川の周りにちらつく「女の影」
韓国人 本田のJリーグへの発言受け「韓国へおいで」と絶賛
フジTV本田朋子アナが阿部慎之助に向けたとびっきりスマイル

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。