ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷凍庫は食材詰め込むことで電力効率アップ 冷蔵庫は逆効果

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 家電の中で、年がら年中電源が入りっぱなしになっているのが冷蔵庫だ。電源を切ることもできないし、冷蔵庫で節電なんて不可能でしょ…なんて思っている人もいるかもしれないが、実は冷蔵庫でも節電する方法はある。

 重要なのは食材の詰め方だ。冷蔵庫内に冷気がまわりやすいよう、詰め込みすぎは厳禁。冷蔵庫の中身を半分にすれば、消費電力の10%減につながる。節約アドバイザーの丸山晴美さんが、解説する。

「冷気の吹き出し口の前に食品を置くのも、冷気の循環を妨げるのでNG。ただし、冷凍庫は別。詰め込むことで、互いを冷やし合うため、冷凍効率が高まります」

 また、温度設定も重要。「強」から「中」に変更することで約11%の節電が可能。冷気が循環すれば、「中」でも冷却効果は充分ある。また、冷蔵庫はドアを開けるたびに冷気が逃げてしまうため、開閉回数も開閉時間も極力抑えるのがおすすめ。

「冷却カーテンは冷気を逃さないためには有効ですが、中のものを探す時間が余計にかかってしまう場合、節電効果はあまり期待できません」(丸山さん)

※女性セブン2014年7月31日・8月7日号

【関連記事】
夏場の冷蔵庫、10秒開けると1度上昇 節電は1秒を大切に
月1~2回のエアコンフィルター掃除で2.7%の電力カットに
節電主婦 魔法瓶、保冷水筒、自然解凍冷凍食品を活用する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP