ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ありのままで」宣言の41歳妻 ノーメイク実践で周囲驚愕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは、広告代理店勤務のご主人(37歳)。奥様(41歳)は4歳年上です。

 * * *
「きれいだわ」「若いわねぇ」といわれ、僕より年下に見られますし、おふくろにとっても自慢の嫁です。確かに見た目は綺麗でスタイルもいいんですけど、それはメイクをバッチリし、太った体を矯正下着で細く見せてるからなんです。

 そんな女房の「ありのままで」宣言が出たのは、僕の親父の7回忌法要で田舎に帰ることになった時。「私、ノーメイク、ノー矯正下着で行くわ。だって大変なんだもん」。確かに女房は田舎に帰ると、おふくろよりも2時間前に起き、メイクを始めていました。「おふくろ、驚くだろうなぁ」。これまでとは別人のような女房を連れて田舎へ。

「お義母さん、これがありのままの私で~す!」。両手を広げ、抱きつこうとする女房に、顔を引きつらせ、後退りするおふくろ。これまでは買い物に行く時も必ず女房を連れて行き、「うちの嫁なの~」。商店街の人たちに自慢してたのに、今回は、ついて行こうとする女房を「シッシッ!」と、犬でも追い払うようにして出て行きました。

 そして翌日の法要は、女房に「不用心だから家でお留守番しててちょうだい」。出席する親類に、ありのままの女房の姿を見せたくないようです。「私、法要のために来たのに!」。ふくれっ面の女房。正直、親類から「お前にはもったいないほど綺麗な嫁さんだ」といわれてたので、おふくろの言動に文句もいえず、ホッとしてしまった僕でした。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
超非常識妻 家族愛確認するために「父が癌なの」との嘘つく
三國連太郎 よく殴る父親から逃げるため「家出を繰り返した」
ダジャレ好き一家 口喧嘩やその仲裁もダジャレ使う徹底ぶり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。