ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

江川卓在籍時の作新監督 2年連続甲子園出場逃し更迭された

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、“夏の甲子園”の予選が全国で行なわれている。高校野球の大きな魅力といえば、弱小校による下克上や、強豪校のまさかの敗戦などの「大番狂わせ」。栃木県で起きた番狂わせを紹介しよう。

 栃木が生んだ作新学院の怪物・江川卓は3年時こそ春、夏と甲子園に出場しているが、1、2年時は涙をのんでいる。1年の夏は準々決勝(烏山戦)で完全試合を達成。準決勝(宇都宮商戦)でも無失点投球を続けたが、延長11回で降板。その後にリリーフ投手が打たれて甲子園出場を逃した。

 2年時も3戦連続ノーヒットノーラン(うち1試合は完全試合)を達成。だが準決勝(小山戦)では延長10回2死までノーヒットピッチングを続けながら、延長11回裏にサヨナラスクイズで敗れた。

 江川を擁しながら2年連続で甲子園出場を逃したことで、当時の作新学院監督は更迭されたという。怪物をもってしても甲子園出場は至難の業なのである。高校時代の江川は「1年でも2年でも記録を作った後に負けている。記録は作らないほうがいい」と敗戦の弁を語っていた。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号

【関連記事】
延長15回裏サヨナラヒット ベース踏み忘れで甲子園幻の事件
“怪物”江川卓 栃木大会5試合のうち3ノーヒットノーラン
高3夏の甲子園で活躍した投手はプロ野球で大成しにくいのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP