ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

15歳女流棋士・藤沢里菜さん 気になるプロ生活と賞金の使途

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 15歳、史上最年少で「会津中央病院杯」に優勝し、タイトルを獲得した囲碁棋士、藤沢里菜さん。囲碁界に誕生したニューヒロインとして、一気に注目されている。

 進学していれば高校1年生だが、高校には行っていない。はてさて、毎日何をやって過ごしているのだろうか。囲碁棋士の生活とは? その素顔に迫ってみよう。

 プロになって4年目の里菜さん。ようやく最近、プロの世界がわかってきたという。そんな里菜さんの毎日は、囲碁が中心だ。

 毎週木曜日が手合(試合)の日。その前日の水曜日は家でゆっくり碁の勉強(!)をする。そのほかの日はすべて研究会で埋まっている。

 研究会では張栩九段ら超一流棋士と打ってもらう機会もあり「すごく勉強になり、ありがたい。私なんかといいのかなと思います」と里菜さん。

 また、月に1回はNHKでテレビ棋戦の読み上げ(記録)の仕事がある。日曜の昼にNHK―Eテレで里菜さんの姿をご覧になったかたもいるだろう。

 テレビ出演の衣装は自前だ。月1回、ショッピングに行って洋服をまとめ買いするという。またそんな遊ぶ日には、「友人の星合志保ちゃん(棋士)とカラオケに行きます。ファンの方から歌ってといわれることがあるので練習しないと。みんなの前だと緊張しちゃうので。好きなのはYUIの歌」と里菜さん。心に響く歌詞が好みのようだ。

 たまには旅行でもしたいでしょう? と聞くと、「行きたいけれど、手(腕?)がにぶっちゃうのがこわくて……。手合も毎週あるので、長期はとても無理です」。まるでアスリートのような発言だ。

 1日だけならリフレッシュもする。先日、3年ぶりにディズニーシーに行ってきたという。「手合に負けて悔しくて。次の日台風が来るという予報だったけれど、もう台風に当たるなら当たれとヤケになって行ったのですが、当日は晴れ。人も少なく、人気アトラクションを10分待ちくらいですいすい楽しめました」と里菜さん。

 なんと強運の持ち主なのだろうか。里菜さんが子どものころから修業した洪道場を主宰する洪清泉二段も、里菜さんの強運を口にした。

「成長していく上で、だれでも壁はあるものです。それを乗り越えてプロになるのですが、里菜は節目ですーっと、苦労をそんなにせず通っていきます」。

 プロ試験を通過したときも強運だった。プロ試験は予選を勝ち抜いた9人の総当たりによるリーグ戦で、土日に1局ずつ。1か月の長丁場になる。

 最終戦、自分が勝っても他の人が勝ったらプロになれないという状況で、プロになることができた。史上最年少、11歳6か月でプロになれたこともすごいが、院生(プロの養成機関)に入って1年でプロ入りできるとは、異例の早さだ。

「おじいさんの藤沢秀行先生が里菜を守っている」と洪二段。そう信じている棋士は他にも多い。史上最年少でタイトルをとったときも、立会人だった武宮正樹九段が「秀行先生が見守っているね」とコメントした。

 近年、洪道場で修業した若手棋士の活躍がめざましい。17歳の一力遼七段はグロービス杯(20歳以下の世界戦)で優勝。また、棋聖・名人・本因坊のビックタイトルを獲得するには、それぞれの挑戦者を決めるリーグ戦に勝ち上がって入り、そこでトップを取って挑戦者にならなければならない。

 リーグ戦はそれぞれ10人前後しか入れず、「一流棋士の証」で「黄金の椅子」とも呼ばれている。一力七段は棋聖戦のリーグ入りを、史上最年少の16歳9か月で果たした。一力七段は現役の高校2年生。彼は迷いなく進学を決めたそうだが、里菜さんも迷いなく高校に行かなかった。「もともとその予定だったので。囲碁一本でいきたかった」。

 里菜さんは小学生のときから囲碁棋士をやっているので、お金を稼ぐようになってもう4年目。毎年の収入は波がある。「勝ちが多ければ収入が増え、負けが込むと減ります。上下が激しい」。

 さてさて、会津中央病院杯の優勝賞金は700万円。何かと天引きされるが、それ相当の金額がもうすぐ通帳に振り込まれる。

「そんな大きな金額が一気に入ってくるのは初めてなので、たぶん貯金しますが、プチ贅沢はしようかなと思っています」と里菜さん。普段買えないブランドの服を買いたいという。「棋士として、服装は大事かなと思って」。やはり、何をするにも囲碁が根底、中心にあるのだ。

 ここまで一途に没頭できるものが小学生のうちに見つかっているなんて、なんともうらやましい。また、好きであっても夢が必ずかなうわけではない。実力も運もある里菜さんは、本当に幸せそうだ。プロになりたてのときの目標、「女流のタイトルをとりたい」は、達成された。さて次は?

「今はまだ実力不足ですが、将来的にはリーグ戦に入りたい」と里菜さん。達成できれば、これも史上初の「女性リーガー」誕生となる。そう遠くない将来に、吉報をお伝えできるようがんばってほしい。

【藤沢里菜/ふじさわ・りな】
1998年9月18日生まれ。埼玉県出身。藤沢秀行名誉棋聖門下。2010年プロ入り(女流棋士特別採用最年少記録)。2013年二段昇段。2014年第1期会津中央病院杯で初タイトル獲得。日本棋院東京本院所属。

●取材・文/内藤由起子(囲碁ライター)
●編集/田中宏季
●撮影/山崎力夫


【関連記事】
米で生まれ育ち日本で囲碁棋士になった男性が半生を綴った本
伝説の棋士の孫娘が囲碁のヒロインに 中卒選択は迷いもせず
羽生善治の強さの秘密を最古参棋士加藤一二三九段が論じた書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP