ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金立(Gionee)、スマートフォン世界最薄記録を更新する厚さ5.0mmの「GiONEE GN9005」を開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

厚さ5.5mmの薄型スマートフォンを今年2月に発売した中国メーカー 金立(Gionee)が、現在の最薄記録を大幅に更新する厚さ5.0mmのスマートフォン「GiONEE GN9005」を開発していることが中国 工信部の認証情報より判明しました。公開された資料によると、GN9005はAndroid 4.3(Jelly Bean)、4.8インチ1,280×720ピクセルの有機ELディスプレイ、1.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載したミッドレンジクラスのスペックながらも、筐体サイズは139.8mm × 67.4mm × 5.0mm、質量は94.6gと、本体は非常に薄くて軽い仕上がりになっています。

同社は今年2月に厚さ5.5㎜mの5インチスマートフォン「ELIFE S5.5」を発表し、現在のスマートフォン最薄記録を持っています。その記録を4.8インチ端末で0.5mmも更新しています。バッテリー容量は2,050mAhと記載されているので、バッテリー容量を犠牲にした感じはさほどありません。このほか、1GB RAM、16GB ROM、背面に800万画素カメラ、前面に500万画素カメラを搭載。GSM/TD-SCDMA/TD-LTEに対応しているで、中国移動モデルだと考えられます。Source : Tenaa


(juggly.cn)記事関連リンク
WearShare : スマートフォンからテキスト・WEBページ・画像をAndroid Wearに転送できる無料アプリ
香川県が誰でも無料で使える公衆無線LANサービス「かがわWi-Fi」を提供開始
Sony新開発の曲面イメージセンサー「Curved Exmor RS(IMX271SMK)」のスペックシートが公開、スマートフォンでも使用されそう

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP