ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜかあまり浸透していない「Hulu」というサービス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Hulu」という有名なサービスがある。映画やアニメ、ドラマなどの作品が月額980円で見放題、という動画配信サービスだ。ベッキーが出演するTVCMが放送されていたし、有名だろう。
Huluは元々アメリカのテレビ局・映画会社が共同設立した会社で、2011年に日本に上陸した。ただ、正直このHulu、浸透していない。人にHuluの話をしても第一声は大抵「なにそれ?」だ。同じようなサービスで、NTTドコモの「dビデオ」や、ソフトバンクの「UULA」に比べると契約者数(非公開)でもかなり遅れを取っているようだ。それが理由だかどうだか分からないが、今年日本における事業を日本テレビに売却している。
ただ、2年以上このHuluというサービスを利用している筆者はHuluがもっと日本人に浸透して欲しい。
作品のラインナップはアメリカ発というだけあって、アメリカの作品が多い。日本テレビの傘下であるだけあって、日本テレビ系のドラマやアニメ作品も目立っている。作品数は6万以上。この数はdビデオにもUULAにも引けをとらない
でもHuluの一番の魅力はデザインとサポート対応だと思う。iPhone、Android、iPad、Wii、PC、などなど様々なデバイスからアクセス出来、同一アカウントでログインすれば続きから再生したり、もちろんお気に入り登録した作品も同期される。それらのどのデバイスからアクセスしても、綺麗で落ち着くデザインに安心感を得られる。とてもシンプルで機能性にも優れている。
そしてもう1つは、サポート対応。何度か不具合を感じてメールにて問い合わせをしてみたことがあるが、数時間以内に丁寧で的確なレスポンスが得られた。
この記事は、Huluから頼まれたわけでもお金をもらっているわけでも無い。単純に、みなさんにHuluを知ってもらいたくて発信している。今なら登録から2週間無料だそうなので、是非味わってみて欲しい。
http://www.hulu.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
男子はみんなTENGA大好き! 自分にピッタリのオナホがスマホで見つかる
管理職必見!上司の嫌なところランキング
あなたの答えは?よく考えると怖い「超少数回答」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP