ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

死のうと思った男の罪は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 ある男Xは、妻が家を出てしまい人生に絶望しました。そして、もはや生きている意味はないと考え、焼身自殺を図ろうとしました。家の床にガソリンを撒き散らし、あとは火をつけるだけ。そこでふと、「もしかしたら妻から帰宅を知らせる電話があるかもしれない」と思ったXはしばらく待ちました。しかしながら、電話は鳴らず。最期にタバコを一本吸ってから死のうと考え、タバコに火をつけました。すると、気化したガソリンに引火。自宅が一気に火の海になりました。面食らったXはあわてて自宅を飛び出て、自殺に失敗しました。

 さて、このXはどんな罪に問われるでしょうか?

(1)自殺を図ろうとしただけなので無罪
(2)家に火をつけているので放火罪

A.

正解(2)家に火をつけているので放火罪

 なんとも奇妙なお話かもしれませんが、これは実際にあった事件です。自殺に失敗したこのXは放火罪で処罰されました(横浜地裁昭和58年7月20日判決)。
 この裁判例、実は刑法のなかでも重要なポイントを含んだものです。というのも、Xは意図して火を放ったわけではなく、うっかり火がついてしまったとも言えなくもない状態。そのため、意図して火を放った場合に適用される放火罪(厳密には刑法108条、現住建造物放火罪)で処罰していいものかが注目されました。
 この点、Xは灯油ではなく、燃焼性のあるガソリンを用いたことや、6リットル以上も自宅の床に撒き散らしたことなどを考慮。火を放てばすぐさま建物が燃える重大な危険性があったとして放火罪で処罰するとの結論に至りました。
 なんとも踏んだり蹴ったりのような事例です。

元記事

死のうと思った男の罪は?

関連情報

少年法について(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
ツイッター上での悪口は犯罪になりますか?(なっとく法律相談)
心神喪失って何?(今週の話題 ~法律はこう斬る!)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP