ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiaomiの次期フラッグシップ? 「Xiaomi Mi 3S (Leo W)」がGFX Benchに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

小米科技(Xiaomi)ブランドの「Xiaomi Mi 3S (Leo W)」を名乗るハイスペック端末のテスト結果が最近GFX Benchの公式サイトに登録されました。機種名はXiaomi未発表モデルのようですが、7月22日に中国で発表される予定のXiaomi次期モデルは、「Mi4」が有力です。Mi4とは別にMi3Sも開発していると考えることはできますが、フラッグシップの新機種で旧世代の名前を使用する必要性はさほどないでしょうから、フェイクの端末、あるいは表示されている名前は間違っているのどちらかだと思います。同サイトの情報によると、「Xiaomi Mi 3S (Leo W)」は4.9インチ1,920×1,080ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 801 2.5GHzクアッドコア(Adreno 330)、2.8GB RAM、12GB ROM、背面に1,200万画素カメラ、前面に700万画素カメラ、Android 4.4.3(KitKat)を搭載。内容的にはMi3S/Mi4の噂で伝えられてきたものと同じです。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
LGがTwitterで“LG G3が世界初のWQHDディスプレイを搭載したスマートフォンだ”と言って他のユーザーから“違うだろ”と突っ込まれる、OPPOも参戦する始末
Pantech未発表スマートフォン「IM-A920S」の製品画像が流出、機種名は「Vega PopUp Note」?
日本でもGoogle Playストアの決済オプションに「PayPal」が表示されるようになる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP