ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DeNA中村紀洋 二軍での出場機会も少なくオフの解雇確実視も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いまだ二軍生活が続いている、横浜DeNAベイスターズの中村紀洋(40)。5月6日の巨人戦で、「チームの方針に従わない言動があった」(中畑清監督)として、“懲罰降格”となったが、あれから2か月以上経っても、一軍に復帰する気配はない。中村の現状はどうなっているのか。スポーツライターが話す。

「ファームでは、横須賀や平塚という本拠地でしか出場しておらず、打率2割2分4厘、0本塁打、5打点(7月15日現在)。『4番・指名打者』で3打席や2打席と限定されている。本拠地ばかりで試合があるわけではないから、週に一度も出番がないこともある。7月24日に41歳という年齢を迎えるだけに、実戦から遠ざかることのマイナスは計り知れない。

 DeNAは6月にブランコ、筒香嘉智、梶谷隆幸などケガ人が続出したが、中村が一軍復帰することはなかった。三塁のポジションには、キューバからグリエルが加入したし、一塁は後藤武敏がブランコの穴を埋めた。バルディリスもいるし、中村が再び横浜スタジアムで勇姿を見せることは考えづらい。オフに解雇されることは確実でしょう」

 二軍落ち当初、「欲しがっている球団がある」という情報も流れたが、今季のトレード期限は7月31日までだ。

「通常、シーズン中にトレードに出される選手は試合の出場機会も少なくありません。首脳陣からすれば、“使える”選手であることをアピールする必要があるからです。昨年のシーズン途中、西武に移籍した渡辺直人も、突然二軍でのスタメンが増えたと思ったら、すぐにトレードが発表されましたからね。

 ただ、中村は出番も少ないままですし、トレード先があるとは思えません。本人からすれば色んな理由があるとは思いますが、何度もトラブルを起こしていると見られてしまうし、41歳になるベテランを獲得する球団が現われるかというと、微妙と言わざるをえない。

 とはいえ、名球会入りも果たしているし、プロ野球界を盛り上げた功労者であることは事実。このまま、終わってしまうのはあまりにも寂しい。技術は確かだし、最近の選手では珍しい無頼派です。しぶとく生き残ってほしいものですが……」(同前)

【関連記事】
中村ノリの2軍降格 FBで同情集めるよりヒットを打てとの声
DeNA・筒香と巨人・大田に明暗 高卒大砲候補が開花する時期は
中村紀洋 年20本塁打達成するまで夜間外出しないと誓った

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。